2018/12/27 18:00

ハワイで大流行中の“Speakeasy”とは? 押さえるべきは知る人ぞ知るこの3店

 今、ハワイで大流行の「スピークイージー(Speakeasy)」。この言葉はもともと、1920年代の禁酒法時代に生まれた言葉。要はお酒を密造し、隠れて提供していた場所のことを「まあ~大きな声ではいえないけれど」というニュアンスで表したのでしょう。


ワイキキにある「バックバー」では、サンセットも至福の時間。

 現在は隠れ家バーの総称としてクールに使われていて、大人がお酒を素敵に嗜む雰囲気さえ纏っている。禁酒法時代から100年も経つと時代は大きく様変わりし、隠れ家バーへのアクセスは、インターネット予約か、携帯のショートメッセージにて。

 お店によってはその日のパスワードをもらって、それを入り口で伝えると秘密のドアが開くというシステムもある。看板も出ていないし、宣伝もしていないところも。

オープンしたばかり!
大パノラマワイキキビューのバー

 今回紹介するのはどこも毎日満員御礼で、おしゃれな人々が集うお店。友人を連れて行けば、「こんなところ知ってるの!?」と羨望の眼差しで見てくれること間違いなし。一度行くと、これがもうやみつきなんです。

 まず観光客が一番行きやすいのは、ワイキキ・ビジネスプラザのルーフトップレストラン「Sky Waikiki」の「The Back Bar(バックバー)」。

 私もほんの数ヶ月前に知ったばかりで、初めて行ったときは「ええーーこんなの知らなかった!」とのけぞった! 大パノラマワイキキビューで人気の予約マストのレストランの奥に、こんなバーがあっただなんて。


深く座ってくつろげるカウチスペースも大人っぽい雰囲気。

 かっこいい女性ミクソロジストのジェニファーさんがカウンターに入り、クラフトカクテルをしゃかしゃか作る姿ったらもう!

 ワイキキビーチ第一線の眺望こそないけれど、隠れ家バーには、ビル群がなす摩天楼の景色がぴったり。


数々の受賞歴を持つ、人気ミクソロジストのジェニファーさん。

 強めのカクテルに酔って、ここは天空のお城かしらんとうっとり。もとはVIP専用でしたが、2018年11月に一般向けにオープンされたばかり。要チェックです!

The Back Bar
(バックバー)

所在地 2270 Kalakaua Ave. Honolulu, HI 96815
電話番号 808-979-7590
営業時間 火~木曜、日曜 18:00~23:00、金曜 18:00~翌1:00、土曜 18:00~翌21:00
https://www.skywaikiki.com/thebackbar

ジャズの生演奏が楽しめる!
カイルアにある大人なバー


「ガスランプ」は、カウンターもフロア席も要予約です!

 お次はワイキキから車で30分。昼間はよく行っているカイルアだけど、最近は夜もあつい。

「Kailua Town Pub & Grill」の奥にあるのは「Gaslamp(ガスランプ)」。表がスポーツバーでわいわいやっているというのに、奥の扉をひとたびくぐれば全くの異空間が広がる。


スカルに入ってくるのは、ラムベースのハワイっぽいカクテル「Love Affair」15ドル。

 ジャズの生演奏を聴きながら、地元のフルーツなどを多く使用したクラフトカクテルを嗜む、濃厚な時間。カイルアローカルのツワモノはスポーツバーの〆に利用したりもするそうな。

Gaslamp
(ガスランプ)

所在地 26 Hoolai St. Kailua, HI 96734
電話番号 808-483-0564
営業時間 水・木曜 18:00~0:00、金・土曜 17:00~翌1:45、日曜 18:00~23:00
定休日 月・火曜
http://gaslamphi.com/

美しいグラスでカクテルを堪能
ミクソロジストのいるバー


重厚な本棚が、実はスピークイージーへの秘密の扉。

 そして私がかなりの頻度で利用している「Harry’s Hardware Emporium(ハリーズ・ハードウエア・エンポリウム)」。「Pint+Jigger」という十分にいい感じのバーのそのまた奥にあります。

 ここ、オーナーミクソロジストのデーブさんのこだわりがすごいのなんの!

 内装は言わずもがな、グラスはカットの美しい重厚なもの、ピックは一つ一つにデザインが施されたグラマラスなものを使用し、氷は丁寧に滑らかにカクテルにあわせてハンドカットしている。


古きも新しきも知っている一流のバーテンダー、デーブさん!

 店名の「Harry」はデーブさんの曾曾曾おじいさんに由来するとのことで、大恐慌時代に酒屋をやっていたんだそう。なんて素敵なファミリー・ツリーなんだ! 

 私の祖母も宮崎の田舎町で85歳まで酒屋を切り盛りしていたこともあり、勝手な親近感でもってこの店を贔屓にしている。「私の祖母は乳母車で配達をしていたんだよ〜」と伝えたら、随分笑ってくれました。ありがたいです。


ボーンマローのマック&チーズ(23ドル)と、スモークオパのクロスティーニ(12ドル)。

 時代にあわせたクラフトカクテルもあるけれど、こちらはクラシックなものを主流にしているところも私好み。

 仲良したちを連れてきては、「こんなところにこんなお店があったなんて~……!!」と、おおげさに喜ぶリアクションに、毎度喜びをいただいている。つまりは全く「スピークイージー」じゃないんだけれど。

Harry's Hardware Emporium
(ハリーズ・ハードウエア・エンポリウム)

所在地 1936 S.King St. Honolulu, HI 96826
電話番号 808-379-3887
営業時間 木~日曜 17:30~翌2:00
定休日 月~水曜


工藤まや(くどう まや)

大分県出身。雑誌、TV、CMなどのメディアコーディネーター。ハワイ在住は15年を超え、アメリカ人の夫と愛犬2匹と虹の町マノアに暮らす。最新著書にハワイ愛の詰まったガイド本『Hawaii days 365』(扶桑社)がある。
☆ハワイの空気がいっぱいのインスタグラムが人気。
工藤まやインスタ http://instagram.com/mayahawaii325/

文・撮影=工藤まや

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >