2019/01/08 18:00

手仕事ならではのぬくもりに触れる 作家の器BEST8

 食卓に欠かせない器。選択肢はたくさんあるけれど、毎日が豊かになる器とは? 資生堂ギャラリーなどの工芸に関する企画協力を行う、森岡書店店主の森岡督行さんにおすすめの器を紹介してもらいました。



A:「小澄正雄のケルデル瓶」W10×D10×H19.5cm(個体差あり) 12,000円
B:「大迫友紀のダイヤグラスと深々グラス」ダイヤグラス φ6×H10.5cm 8,640円、深々グラス φ6×H10.5cm 8,100円
C:「飛松陶器のフィンカップ カーキ、白」φ7.5×H9cm 各4,000円
D:「工房イサドのブレッドボックス」W25×D15×H15cm 11,000円
E:「中村智美のオーブンプレート」W23×D12×H3cm 7,800円
F:「ryoのカトラリー ナイフ」4,800円、フォーク 3,500円、バターナイフ 2,800円
G:「川端健夫のデザートプレート」φ21cm 7,200円
H:「野田琺瑯のバターケース(450g用)」W15.7×D9.7×H8.1cm 3,300円

A:小澄正雄のケルデル瓶


W10×D10×H19.5cm(個体差あり) 12,000円。

 江戸時代、日本に持ち込まれたバーボンの輸送に使った容器を模した瓶。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >