2019/01/10 07:00

加賀・山中温泉「厨八十八」なら カウンターでひとり美食を満喫可能

 ひとり旅は好きでも、ひとりの食事はちょっぴり寂しい……という人は、カウンターのある宿に注目。程よい距離感、臨場感溢れる音や香りも味わって。

 フード系フリーライターの嶺月香里さんが、おすすめの宿をご紹介。


厨房前の特等席は
人も料理もあったかい

●厨八十八(くりややそはち)


先附は菜の花の昆布締めと海老の黄身煮。前菜は蟹の押し寿司やタコの小倉煮、コロ柿のきぬた巻など、加賀の美味が集結。

 部屋食や個室で仲居さんがお世話してくれる旅館の食事は、ひとりなのに手間をかけさせてすみませんと、いたたまれない気持ちになってしまうもの。


たらの身と濃厚な白子豆腐の小鍋。

 気疲れせずにひとりを満喫するならカウンターのある宿を訪れたい。

 外の店でも懐石料理の予約は「2人以上から」などと断られがちだが、宿だったらもちろんウェルカム。


鮪節でとった上品な出汁のお椀。

 今回紹介する「厨八十八」のカウンターは、京都・祇園で腕を磨いた料理長が、器も料理も特別仕様で仕上げる特等席。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >