2019/01/23 12:00

軽井沢のシンボル「万平ホテル」で 和と洋が調和したレトロな情緒に浸る

 時を重ねることで生まれる優雅な雰囲気と建物からしつらえに至るまで、数々のストーリーに彩られたクラシックホテル。極上の眠りのあとの贅沢な朝食も楽しみのひとつ。

 おすすめのホテルを、「世界のベストレストラン50」日本評議委員長の中村孝則さんに教えてもらいました。


避暑地の清冽な空気を
存分に吸い込んで

●万平(まんぺい)ホテル

since:1894
architect:久米権九郎
number of rooms:109


爽やかな木立の中に建つホテルは、ドイツの山小屋風。

 前身は江戸時代後期から続く旅篭「亀屋」を洋風に改装して誕生した「亀屋ホテル」。

 その後「万平ホテル」と改名した明治27年当時の面影を伝える木製看板や網代天井は、現在も玄関に残されている。


折上げ格天井が見事なメインダイニング。壁のステンドグラスには昭和初期の風俗画が描かれている。

 創業120周年を迎えた2014年には客室やロビーの一部がリニューアルされたが、クラシックな調度品を備えたロビーや、木造のアルプス館の客室は以前のまま。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >