2019/02/04 21:00

れんこんの自然なとろみで体ポカポカ とろとろジンジャースープ弁当

 自分のためのお弁当だから、人目を気にせず、気の向くままに。好きなものだけを詰め込んだっていいし、おかず2品だってもちろんOK! つむぎやのマツーラユタカさんが、マイ弁当のための楽ちんレシピを考案してくれました。


れんこんのダブル使いで
主役感のある「食べるスープ」弁当


食べごたえのあるスープなら、おむすびとのコンビで満腹&満足。

 冬はとにかくあったかいお弁当がココロにしみる。ちょっと前にカブのポタージュ弁当のレシピも紹介しましたが、今日はスープ弁当第2弾。名残りのれんこんを使ったスープ弁当をご紹介。

 れんこんはシャキシャキとした食感がおいしい野菜ですが、すりおろして、汁に入れるとでんぷん質が溶け出して、片栗粉などを使わずとも自然なとろみがつくという特徴があります。

 このとろみを活かしつつ、さらにしょうがをたっぷり入れて、冬の身体をじんわりあっためてくれるスープをつくってみましょう。

 れんこんは、半分はみじん切りにして食感を楽しみつつ、鶏ひき肉やきのこも加えて食べごたえ度アップ。

 「食べるスープ」といった趣きの、お弁当の主役になるスープがあれば、おかずはなくてもノープロブレム。れんこんと同じく旬を迎えている、さつまいもの炊き込みごはんをおむすびにして。

 ほっこりランチタイムを楽しんでくださいね。

れんこんとろとろ
ジンジャースープ弁当


■材料(つくりやすい量)

・れんこん:150g
・鶏ひき肉:200g
・えのきだけ:50g
・長ねぎ:1/2本
・しょうが:2片
・昆布だし:800ml
・塩麹:大さじ3
・一味唐辛子:適宜
・山椒:適宜
・米油(またはサラダ油):大さじ1

■つくり方

(1) れんこんは半量を粗みじん切り、残りはすりおろす。しょうがはみじん切り、えのきは石突きを切り落として2センチ幅に切る。長ねぎは小口切りする。

(2) 鍋に油としょうがを入れて弱火で熱し、油に香りがついてきたら中火にして、ひき肉を加えて全体が色づく手前まで炒める。

(3) れんこん、えのきだけ、長ねぎの白い部分を加えて2分ほど炒め、昆布だしを加えてフタをし、沸いてきたところで、アクを適宜とり、弱火にして5分ほど煮る。

(4) すりおろしたれんこん、長ねぎの青い部分、塩麹を加えてひと3~4分煮て仕上げに一味唐辛子と山椒をお好みの量加える。味見して必要があれば塩少々(分量外)を加えて味を調える。



ポイント

れんこんは粗みじん切りしたもの&すりおろしたもの、ダブル使いすることでシャキシャキとした食感と、自然なとろみを楽しめるスープに。すりおろしたれんこんは、調理の最後の方で加えます。秋から冬にかけて、カレーづくりなどにも応用できるテクニックです。

○さつまいもの炊き込みおむすび


■■材料

・米:2合
・さつまいも:小1本
・塩:小さじ1と1/3

■■つくり方

(1) さつまいもはよく洗い、皮も一緒に1.5センチ角に切って、水をはったボウルに入れて5分ほどおき、ザルに上げる。

(2) 米をといで、炊飯器や鍋などで、2合分の標準量の水を加える。塩を加えてひと混ぜする。その上に(1)のさつまいもを全体に広げて、通常通り炊き上げる。

(3) 手のひらに塩を少々(分量外)つけ、(2)のさつまいもごはんを約60グラム取り、ミニサイズのおむすびを握る。


マツーラユタカ(つむぎや)

物書き料理家。金子健一とともにフードユニット「つむぎや」として活動。“食を通して人と人、満ち足りたココロをつむいでいく”をモットーに、書籍や雑誌、イベントなどで創作和食を提案。地元である山形県鶴岡市など、ご縁ができた土地の風を運ぶ活動にも力を入れている。最新刊「お昼が一番楽しみになるお弁当」(すばる舎)が好評発売中。

文=マツーラユタカ(つむぎや)
撮影=平松市聖

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >