2019/02/26 07:00

花粉症&風邪シーズンに作りたい! サクサクおいしいブロッコリードリア

 穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。

 オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。


◆「ブロッコリー」の
 マクロビレシピ

ブロッコリーと
マッシュルームのドリア


 今回は、ホワイトソースを使った定番レシピのドリアの作り方をご紹介します。

 ドリアといえば、ピラフなど味付けしたライスにホワイトソースとチーズをかけて焼き上げるお料理ですが、今回はチーズの代わりにアーモンドを使います。

 サクサクと香ばしく焼きあがったアーモンドとホワイトソースの相性が抜群ですので、ぜひお試しください。

 ブロッコリーはマクロビ的には温暖な地域で取れることから陰性に分類され、体を冷やすものと考えられていますが、冬に旬を迎えるため、そう極端に冷やすものではないとされています。

 皮膚や粘膜を強化し免疫力をアップさせる働きがあるβ-カロテンと、ビタミンCはキャベツの4倍とも言われますので、花粉症対策、風邪予防にと効果が期待できる食材です。

 また、オーブン料理は食材を陽性に傾けるため、冷え性の方にもおすすめです。

「ブロッコリーと
マッシュルームのドリア」の
レシピ

■材料

【基本のホワイトソース】
・小麦粉:大さじ2
・太白ごま油:大さじ2
・無調整豆乳:200cc
・塩麹:小さじ2(塩の場合は小さじ1/4)
・ローリエ:1/4枚
・塩麹、または塩、胡椒:適量
 ※味の調整用
・あればココナッツクリーム:大さじ1
 ※味の調整用

・ブロッコリー:100~150g(1/2房)
・マッシュルーム:4個
・玉ねぎ:1/3個
・ご飯:お茶碗1杯分
・太白ごま油:大さじ1~
・基本のホワイトソース:全量
・ベジタブルスープストック:1袋
・塩、胡椒:適量 ※味の調整用

・スライスアーモンド:10g
・パン粉:大さじ2
・太白ごま油:小さじ2

■作り方

(1) 基本のホワイトソースを作る。まず、片手鍋に太白ごま油を入れて小麦粉をザルで振るい入れる。


(2) 太白ごま油とゴムベラを使ってなじませる。


小麦粉と太白ごま油をなじませた状態

(3) 小麦粉にしっかりと火が入るように、ふつふつと湧いてからもしばらくかき混ぜながら火を入れる。粉と油がゴムベラを通してサクサクとした状態に感じられるまで火を入れること。


(4) 一旦火を止めて豆乳を3回に分けて加える。


1回目の豆乳を入れた状態。豆乳を加えたら弱火にかけて焦がさないように絶えずかき混ぜながら火を入れる。しっかりととろみがついたら再び火を止めて、2回目の豆乳を加えていく。

3回目の豆乳を加える時に塩麹とローリエを加える。

この時ダマになっているようなら、ゴムベラをホイッパーに替えて混ぜながら煮込み、仕上げると良い。

(5) 弱火でしばらく煮込んでホワイトソースの完成。

(6) (5) のホワイトソースに塩麹または塩、胡椒、ココナッツクリームを入れて、味を調えておく。

(7) ドリアを作る。ブロッコリーは鍋に入れ、塩少々と水(無水調理が可能な鍋であれば無水または大さじ1程度。鍋の厚みが薄い場合は100ccが上限)で蒸し煮にしておく。


蒸し煮は茹でるよりも栄養価が逃げず味わいが濃く仕上がる。

(8) マッシュルームは2、3mmの厚さにスライスしておく。玉ねぎはみじん切りしておく。パン粉と太白ごま油を混ぜ合わせておく。

(9) フライパンに太白ごま油を加えて弱火にかけて、玉ねぎと塩少々(分量外)を加えて透き通るくらいまで炒める。続いてマッシュルームを加えて炒めてから、ご飯、ベジタブルスープストック(※一袋でマグカップ1人分のコンソメスープとなるものを使用)と水少々を振り入れて炒め合わせる。


硬めのご飯が好みであれば水は省いても良い。

(10) ホワイトソースを少量加えて味をなじませた後、味見をし、塩、胡椒で味を整える。

(11) 耐熱皿に薄く太白ごま油を塗り(分量外)、(9)のご飯とブロッコリー、ホワイトソース、パン粉(太白ごま油をなじませたもの)、スライスアーモンドの順に乗せて、200度に温めたオーブンでこんがりと焼く。

ワンポイント

ご飯にしっかりと味をつけるので、ホワイトソースの味付けはお好みで調整すると良いでしょう。


中村恭子 (なかむら きょうこ)

地産地消料理研究家/健康管理士/クシマクロビオティックス・コンシェルジュ/一般社団法人蓼科塾代表
2011年東京都より長野県茅野市に移住。移住先である乗馬ファーム併設のペンション跡地で利用者専用オールベジの焼き菓子を提供するカフェ(Cafe楢Oak)をオープン。2015年信州の魅力を県外に発信する一般社団法人蓼科塾を設立し地産地消に根ざした食のイベントの企画運営、蓼科山に住むという「休む」神様「ビジンサマ」シリーズのレシピ開発や商品開発等を手がける。
※カフェの営業はゴールデンウィーク・夏季シーズンのみ
Facebook https://www.facebook.com/kyoko.nakamura.18
essentia(エッセンティア) https://www.facebook.com/essentiag/?fref=ts

撮影/秋元良平 http://ryohei-akimoto.jp | Facebook

文=中村恭子
撮影=秋元良平



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >