2019/04/01 17:00

日本茶の洋風アレンジレシピ2種 自由な発想で、楽しくお茶生活!

東京和茶房流の
アレンジティーって?

 東京駒場にある、自家焙煎のほうじ茶で話題の「東京和茶房」。おうちでできるアレンジティーのレシピを聞きました。2回にわたってご紹介します。

 ほんの、ひと手間加えるだけで、あっと驚く新しい味わいになります。お茶の特性を生かして、おいしさや香りをより楽しむことができるレシピです。どれも簡単なので、ぜひ試してみて。


自然のフルーツの甘みで
味わいが豊かに!


 東京和茶房の和紅茶は、べにふうき茶に、やぶきた茶など日本の茶葉をブレンドしてつくられており、甘みのあるやさしい味わいです。

 はちみつのような香りもあるので、ドライフルーツと相性がぴったり。和紅茶とドライフルーツをあわせてみました。

 砂糖を使っていない自然のフルーツの甘みと酸味、香りを楽しんで。

◇和紅茶のフルーツティー

■材料

・東京和茶房の和紅茶ティーバッグ:1個
・お湯:270g
・お好みのドライフルーツ(ミックス):10g


■作り方

(1) ドライフルーツをポットに入れる。


(2) 1に100℃の熱湯を注いで3分間置く。


(3) 和紅茶のティーバッグを1に入れ、さらに1分30秒置く。


(4) カップに注いでできあがり。


 和紅茶に入っている「べにふうき茶」には、花粉症のアレルギー症状を軽減する作用があるとも言われています。

ポイント

●ドライフルーツは旬のものを使うと甘くておいしい。今の季節はいちご、りんご、パイナップルなど味と香りがよく出るのでおすすめ。
●甘さを足したいときははちみつを入れるとおいしい。
●ドライフルーツがお湯を吸収するので、お湯の量は少し多めにしましょう。

◇レモングラスほうじ茶


■材料

・レモングラス(乾燥):0.5g
・ほうじ茶(浅煎り) :3g
・お湯:250㏄


左がレモングラス。右が浅煎りのほうじ茶。

■作り方

(1) レモングラスとほうじ茶を合わせてポットに入れる。


(2) (1)に95℃のお湯を注ぎ、1分30秒置く。


(3) カップに注いでできあがり。


ポイント

●口当たりのやさしい浅煎りのほうじ茶にレモングラスがさわやかに香るので、香ばしさとさわやかさを同時に楽しめます。
●レモングラスの量が多いと主張しすぎてしまうので、バランスが大切。
●気分転換でリフレッシュしたいときや、食後に口をサッパリさせたいときにおすすめ。

東京和茶房

 東京・駒場の「東京和茶房」は、自家焙煎のほうじ茶をメインに、煎茶、ハーブティーなど、こだわりの国産茶を扱うお茶工房です。

 店内に一歩足を踏み入れると、焙煎したてのお茶のいい香りが漂います。

 カウンターに並ぶ水出し茶は、煎茶、浅煎りのLIGHT、中煎りのMEDIUM、深煎りのDEEPと焙煎度合いによって異なる色合いで、とってもカラフル。気になるものは試飲もできます。

 店内のカフェスペースでは、「ほうじ茶飲み比べセット」「ほうじ茶ラテ」「フロマージュほうじ茶」や、お茶を使ったお菓子など、さまざまなお茶とそのアレンジメニューが楽しめます。

「お茶ってこんな楽しみ方があったんだ!」と、その豊かな味わいにびっくり。お茶好きにはたまらないワクワクするお店です。


東京和茶房(TOKYOWASABO)

所在地 東京都目黒区駒場4-6-2 Y-5 YAMAGATAYA 1F
電話番号 03-6407-0622
営業時間 火~日曜 11:00~19:00 (L.O. 18:30)
定休日 月曜 (祝日問わず)
https://www.tokyowasabo.com/

文=梅森妙
写真=山元茂樹



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >