2019/05/09 07:00

北ロンドンの石炭置き場が大変身 超クールなショッピングモールに!

 国際列車も乗り入れている、北ロンドンのキングズ・クロス駅&セント・パンクラス駅周辺は、ここ10年以上もの長きにわたり、じわじわと開発が進んでいるエリア。

 運河をはさんで駅の北側に、昨年の秋にオープンしたのがコール・ドロップス・ヤード(Coal Drops Yard)というショッピング・モールです。


キングズ・クロス駅&セント・パンクラスの駅を出ると、案内のサインが出ています。

運河沿いにあり、夏は緑の人工芝エリアで憩う人で溢れます。

オリジナルの骨格を生かしつつ、モダンに生まれ変わったコール・ドロップス・ヤード。©John Sturrock

 その名前が示すとおり、もともとは19世紀のヴィクトリア時代に、主要燃料として使われていた石炭を、鉄道の荷台から文字通り落としていた石炭置き場。

 それが、ガラス工場やナイトクラブなどの変遷を経て、ショップやレストランなど約50店舗を擁するショッピング・モールとして生まれ変わりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >