2019/05/16 17:00

首にかけて声でコントロールできる 斬新なリラクゼーション機器が登場!

 PCで作業している時やスマホの操作中、家事の最中で、首や肩が怠くなることはありませんか? これ、「ストレートネック」といわれる症状かもしれません。

 普段デスクワーク中心のわたしも首筋がこって、痛くなるたび、首を回したり、こっているところを指で揉んだりしています。この不快な痛みを少しでも和らげたい……。

 そんな中、疲れた首筋にアプローチするアイテムが登場しました!

EMSとヒーター機能で
温めながら首のこりを和らげる


ヴァルテックス
「モンデール スマートネック SN1」

15,000円(税抜)
http://www.vertex-j.net/mondiale.html

 2019年5月に発売されたヴァルテックスの「モンデール スマートネック」は、電気的に筋肉などを刺激するEMSとヒーター機能で首周りを温めながらケアするリラクゼーション機器。

 疲労が溜まった首にかけるだけでこりを和らげてくれます。


 サイズは幅約170×奥行き155×高さ75ミリ。重さは約220グラムと、軽量&コンパクト。

 首にかけても負担に感じることはありません。首に合わせて自然なラウンドを保つように設計されているので、自然にしっかりとフィットします。


 本体背面にあるボタンで電源のオン/オフができ、側面でEMSの強度と、モードの切り替え、ヒーターのオン/オフが設定できます。

 強弱のレベルは1から9段階で調節でき、モードはオートモードを含め全6種。首の疲れに合わせて自由に設定できます。

普段の声の大きさでも
しっかり反応してくれる


 そしてこのアイテムの最大の特徴は、声で操作できるところ。

 本体を首に装着し、電源ボタンを押せば、あとは声をかける、というか、特に意識することなく音声を発するだけ。

「もっと強く」と話しかければ、自動で強弱のレベルが変化し、「モード切り替え」と話しかけるとモードの種類が切り替わります。

 そのほか、ヒーターのオン/オフをしてくれたり、電源をオフにしてくれたりと、何でもこなしてくれる、本当に賢い!


 実際に使ってみたところ、普段の声の大きさでも伝わりました。

 これまでの音声機能搭載の家電の多くは、比較的大きな声量でハキハキ話しかけないと認識しないケースがありましたが、「モンデール スマートネック」は首元にマイクが搭載されているため、近くにいる人と対話するような声量で充分に反応してくれます。

 そこで少し意地悪く、イントネーションを変えて話しかけてみましたが、これもまたしっかり反応してくれました。

 一方で、音を拾いすぎるケースもあります。周辺にいる人の音声に反応することもありました。

 そんな時は、電源ボタンを3回連続でプッシュすると音声操作がオフになります。これなら人が多いオフィスでも気軽に使えますね。


 EMSは本体内側にある4つの電極部を使用します。首の上部から下部にかけてしっかりケア。

 電極部はシリコン素材を採用。首にあたる部分は柔らかく、違和感はありません。

 ところで私は未だに「EMSはピリピリと刺激され、痛そう!」と、少々緊張してしまいます(それでまた首や肩がこったりします)。

 その点、この商品のレベル1は、あまり刺激を感じないように設計されているので安心です。

 その上、ヒーターをオンにして使うと、ホットタオルに包まれるようなリラックスした気分に浸れます。


 本体の作動時間は1回、約10分。約2時間30分のフル充電で、約50分(5回)使用できます。コードレスなので、家事や仕事をしながらケアできて嬉しい!


 仕事中に使ってみましたが、EMSの刺激が苦手な私もすぐに慣れました。そればかりか、徐々にレベルを上げ、レベル4がちょうど良く感じました。

 ヒーターをオンにすると首周りがジワジワと温かくなり、使用後はその温かさが持続して、それまで重たく感じていた首もスッキリ!

 操作も簡単で、疲れた時にすぐに使えるので、首の疲れを感じている人にぜひ使ってもらいたいアイテムです。


善村苑香(ぜんむら そのか)

最新家電の便利な使い方を紹介すべく、新商品発表会に通う家電女子。食べることが大好きで、最新の調理家電に注目している。趣味は読書と喫茶店巡り。

文・撮影=善村苑香



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >