2019/05/09 07:00

わくわく魅惑の「たまごサンド」4選 ゆでたまご派 vs. オムレツ派 

 ゆでたまごサンドは、懐かしいおいしさ。オムレツやたまご焼きを挟んだタイプは、イートインで焼きたてをすぐに味わって。

 色々なタイプのたまごサンドが買える4軒を、料理家の坂田阿希子さんに紹介してもらいました。


ふんわり、しっとり
好みは人それぞれ

 たまごサンドには色々なタイプがあって、お好みも人それぞれ。

 私はゆでたまごタイプもオムレツタイプも両方好きですが、ゆでたまごタイプに関しては昔ながらの喫茶店で出されているようなものが好みです。

 マヨネーズが多すぎるとダメで、ピクルスが入っていたり、辛子がきいているなど、何かしらアクセントやキレが欲しい。

 オムレツタイプに求めるのは、たまごのストレートなおいしさと、焼きたてのオムレツの熱によって引き立つパンのふわふわの食感、頰張った時の一体感、そして温かさ。

 だからオムレツタイプはお店で食べたいですね。

ゆでたまごサンドは公園で

◆セントル ザ・ベーカリー
[銀座]

■ベーシックなおいしさが光る逸品


たまごサンドイッチ 900円。

 つねに行列ができるほど大人気の食パンに挟まれたゆでたまごサラダは、注文ごとにマヨネーズと和えてつくられている。

 辛子がきいた大人っぽい味で、みずみずしいスライスしたきゅうりの食感がアクセント。

セントル ザ・ベーカリー


所在地 東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル1F
電話番号 03-3562-1016
営業時間 10:00~20:00(19:00L.O.)
定休日 月曜(祝日の場合は翌休)

◆赤トンボ
 日本橋髙島屋店
[日本橋]

老舗がつくる
上品なたまごサンド


エッグサラダ(1パック) 400円。

「エッグサラダ」は、薄切りのやわらかなパンと、粗みじん切りのゆでたまごの食感のバランスが絶妙。マヨネーズも自家製。

「ひと口大のサンドが1パックに4切れ入っています。昔から変わらない見た目の美しさも好き」(坂田さん)

赤トンボ 日本橋髙島屋店


所在地 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋S.C.本館 B1
電話番号 03-3231-0607
営業時間 10:30~19:30
定休日 日本橋髙島屋に準ずる
http://www.akatombo1950.com/

温かいオムレツサンドは店内で

◆喫茶YOU
[銀座]

■焼きたてのオムレツのやさしい味


オムレツサンド 750円(税込)。

 とろりとしたやわらかなオムレツが人気の、1970年オープンの喫茶店。

 毎朝届く新鮮なたまごを使ったオムレツのサンドイッチは、ひと口で頰が緩むやさしい味わい。

 ふんわりしたパンとオムレツの一体感も見事。

喫茶YOU


所在地 東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F
電話番号 03-6226-0482
営業時間 11:00~21:00、食事は11:30~21:00(20:00 L.O.)
定休日 無休

◆切通し進々堂
[祇園]

ふんわりたまご焼きを挟んだトースト


玉子トースト 320円(税込)。

 祇園の芸妓さんや舞妓さんにも人気の喫茶店の玉子トーストの主役は、出汁を使わずにふんわり焼いたたまご焼き。

「パンは耳を落とし、半分に切ってトーストしているので、断面の縁もこんがり焼けているのが心にくい」(坂田さん)

切通し進々堂

所在地 京都市東山区祇園町北側254
電話番号 075-561-3029
営業時間 10:00~16:00(L.O.)、販売 10:00~18:00
定休日 月曜


◎案内人
坂田阿希子(さかた・あきこ)さん

新潟県出身。さまざまなジャンルのレシピをコース仕立ての実習形式で教える料理教室「SPOON」を主宰。料理雑誌でも活躍中。

文=小松めぐみ
撮影=佐藤 亘



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >