2019/05/14 17:00

片栗粉を加えて丸めて焼くだけ! 新じゃがのもっちり焼き団子レシピ

 穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。

 オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。


◆「新じゃが」のマクロビレシピ

新じゃがのもっちり焼き団子


 基本の中華風ピリ辛ごまソースのバリエーションレシピ第4弾は、ビタミンCたっぷりの新じゃがを使ったレシピをご紹介します。

 蒸したじゃがいもに片栗粉を加えた生地を丸めてこんがりと焼くだけで、もっちり美味しいじゃがいも団子の完成です。

 お好みで、ピリ辛ごまソースに山椒や黒胡椒など加えても良いでしょう。仕上げに青ネギの他、レモン汁や酢を少々かけると味が締まります。

 じゃがいもに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいので、調理の幅が広く使いやすい食材です。カリウムも豊富なのでむくみ解消やデトックス効果も期待できます。

「新じゃがのもっちり焼き団子」のレシピ

■材料

【基本の中華風ピリ辛ごまソース】
・豆板醤:小さじ1
・味噌:小さじ2
・にんにく、生姜:各1/2片
・煮切りみりん:大さじ2~3 ※煮切りみりんの作り方は基本の和のたれベースを参照のこと
・醤油:小さじ1
・ごま油:大さじ1
・芝麻醤:大さじ1 ※白練りごま、またはタヒニ(ごまペースト)でも良い

 この分量で作った「基本の中華風ピリ辛ごまソース」を適量。

【新じゃがのもっちり焼き団子の材料】
・新じゃがいも:200g
・片栗粉:40g
・水:大さじ2
・太白ごま油:大さじ2

<仕上げ用>
・青ネギ、山椒、黒胡椒、レモン汁または酢:お好みで

■作り方

(1) 基本の中華風ピリ辛ごまソースを作る。にんにく、生姜はすりおろしておく。


バットの上、左から時計回りに醤油、煮切りみりん、すりおろした生姜、にんにく、芝麻醤、ごま油。小皿に入っているのは豆板醤と味噌。

(2) ボウルに味噌と豆板醤、芝麻醤、にんにく、生姜、ごま油を入れてよく混ぜる。続いて醤油、煮切りみりんを加えて完成。


まずすりおろした生姜、にんにく、芝麻醤、ごま油を混ぜてから、液体の醤油と煮切りみりんを加えて混ぜ合わせると馴染みやすい。

(3) 新じゃがは蒸してから熱いうちに皮をむく。皮をむいたじゃがいもはフードプロセッサーにかけるかマッシャーで潰すので、冷めないうちに作業する。


皮をむくときはやけどに注意。熱くて触れない場合は冷水にくぐらせてから作業すると良い。

(4) 新じゃがをフードプロセッサーにかけて大きな塊が潰れたら、片栗粉と水を加えて更にフードプロセッサーにかけてペースト状にする。


(5) 8等分にして丸め平たく形を整える。フライパンに太白ごま油を入れ、弱めの中火くらいの火加減でじっくりとこんがり焼き上げる。


ワンポイント

強火で焼いてしまうと中まで火が入らず片栗粉のデンプンが糊化しないので、火加減に注意すること。途中で蓋をすると早く焼き上がる。


中村恭子 (なかむら きょうこ)

地産地消料理研究家/健康管理士/クシマクロビオティックス・コンシェルジュ/一般社団法人蓼科塾代表
2011年東京都より長野県茅野市に移住。移住先である乗馬ファーム併設のペンション跡地で利用者専用オールベジの焼き菓子を提供するカフェ(Cafe楢Oak)をオープン。2015年信州の魅力を県外に発信する一般社団法人蓼科塾を設立し地産地消に根ざした食のイベントの企画運営、蓼科山に住むという「休む」神様「ビジンサマ」シリーズのレシピ開発や商品開発等を手がける。
※カフェの営業はゴールデンウィーク・夏季シーズンのみ
Facebook https://www.facebook.com/kyoko.nakamura.18
essentia(エッセンティア) https://www.facebook.com/essentiag/?fref=ts

撮影/秋元良平 http://ryohei-akimoto.jp | Facebook

文=中村恭子
撮影=秋元良平



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >