2019/05/29 11:00

かまいたち・濱家隆一特別エッセイ 「僕のお弁当作りの哲学」

お弁当は誰のために作る?


黄、緑、赤とカラフルさを意識。ハムときゅうりで作った花もポイント。

 CREAを愛する皆さん、初めまして。

 そして、申し訳ありません。
 
 吉本興業で芸人をやっている、かまいたちの濱家といいます。

 この度、僕たちがTBSラジオでやっている「かまいたちのヘイ!タクシー!」という、それはそれは低俗な番組が、オシャレ雑誌の先頭を走るこの「CREA」さんに強引に乗り込み、無理やり自分達の企画を持ち込んで、勝手にプレゼンするという事をやらせてもらい、この記事を書かせて頂く運びになりました。

 寛大に受け止めて頂いたCREAさん、ありがとうございます。

 そして、冒頭でも謝罪しましたが、CREAを愛する皆さん、スーパーオシャレ雑誌にこんな3流ドブ芸人が関わってしまい、申し訳ありません。

 少しの時間お付き合いください。

 僕がCREAさんに持ち込んだ企画は「お弁当」です。

 なんだそれ、そんな手垢のついたテーマをお前みたいな5流カス芸人がやる事に何のフックがあるんだ、CREAをナメるなよ、という声が聞こえてきそうで怖いです。

 休みの日の昼間から、缶ビール片手にその日の晩ご飯の仕込みをする、というのが僕の趣味で、その派生として始めたのが、お弁当作りです。

 僕は自分のために手の込んだ料理を作ることはありません。

 料理が好きな方なら分かってもらえるかもしれませんが、僕は自分で食べることももちろん好きなんですが、人に作ることの楽しみの方が料理を作るモチベーションとしては上回っています。

 ミイラ取りがミイラになる、料理好きが料理になる、といった感じでしょうか。

 すいません、上手くたとえを出そうとしたんですが、全く上手くいきませんでした、忘れてください。

 なので、お弁当も自分のものではなく妻に作っています。

 前までは妻が仕事先で食べるため用に作っていましたが、今は専業主婦をしてくれているので、家でのお昼ご飯用にお弁当を作っています。

フタを開ける瞬間のワクワク感


おにぎり、卵焼き、ウインナー、ミートボールと超シンプルなストロング弁当。

 皆さんも経験あると思いますが、人に作ってもらったお弁当のフタを開ける瞬間て、絶妙なテンションの上がり方しないですか?

 とんでもなくワクワクするという感じじゃなく、メーターが10まであったら3~4ぐらいの上がり方。

 授業開始のチャイムが鳴ったのに、教室に先生が5分ぐらい入って来なくて「もしかして自習か?」ぐらいの感じ。

 それぐらいのワクワク。

 その感じを楽しんでほしくて、お皿に盛るのではなく、お弁当に詰めています。

 おにぎり、卵焼き、ウインナー、ぐらいのシンプルで簡単なものでも、お弁当に詰めるだけで特別感がでて、30点ぐらい下駄を履かせてもらえます。

 簡単に作ったものでも、一日の数分間誰かのテンションを上げられるツールになるというのが、お弁当の良いところだと思っています。

 もし、この記事を読んでくれている男性の方がいらっしゃれば、日頃の感謝を込めて、一度奥様にお弁当を作ってみてはいかがでしょうか?

 奥様の一日が少し楽しくなり、それを見た自分も少し幸せを感じられるのではないかなと思います。

 ちなみに「奥さんにお弁当作ってるなんて良い人~!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、僕の場合はそういう訳ではなく、自分の趣味なだけですので。

 好感度が上がると、万が一何かあった時に大変そうなので、一言添えさせて頂きました。

 長々と、7流タコ芸人の記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 またお会いできる日を楽しみにしています。


濱家隆一(はまいえ りゅういち)

1983年大阪市出身。趣味は寿司・料理・野球、特技はマジック。2004年に山内健司とともにお笑いコンビ「鎌鼬」を結成。09年にコンビ名を平仮名の「かまいたち」に変更し、17年にキングオブコントで優勝を果たす。現在のレギュラー番組に「NMBとまなぶくん」(関西テレビ)、「もう少し、嫌な奴」(朝日放送テレビ)、「かまいたちのヘイ!タクシー!」(TBSラジオ)、「エビ中☆なんやねん」(MBSラジオ)がある。

文=濱家隆一(かまいたち)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >