2019/05/20 15:00

眞名井神社は3,000年以上前から続く 日本最古のパワースポット

令和元年にこそ訪れたい
最強パワースポット

 2019年5月1日から新元号に切り替わり、「令和」の出展元となる万葉集に登場するスポットや、皇室と縁深いスポットが“令和ゆかりの地”として注目を浴びている。


京都府宮津市に位置する籠神社。本殿の高欄上には、伊勢神宮と籠神社にのみ拝されるという「五色の座玉(すえたま)」が輝いている。

 今年で1,300年を迎える籠神社は、天照大御神の孫・彦火明命を祀る古社だ。

 皇室の祖先といわれる天照大御神が三重県の伊勢神宮に鎮まる前に祀られた神社であることから、「元伊勢」と呼ばれている。

 注目のパワースポットは、その奥宮にあたる眞名井神社。眞名井神社は、3,000年以上前から続く日本最古のパワースポットだ。


入り口に鎮座しているのは、狛犬ではなく「狛龍」。

 境内の出土品から、眞名井神社の一帯は縄文時代から神聖な地として神々を祀ってきたことが窺えるという。

 神社の裏には古代の祭祀形態である磐座が鎮座しており、イザナギ・イザナミや、伊勢神宮・内宮外宮の主祭神が祀られている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >