2019/06/30 17:00

深呼吸で芯から自分が変わる! 「星のや東京」のスパプログラム

■星のや東京(後篇)

星のや東京(前篇)をみる

 国内のみならず海外に至るまで、さまざまなロケーションに魅力的な施設を展開する星野リゾート。その星野リゾートが、今、特に力を入れているのが「ウェルネス」です。

 この連載では、バラエティに富んだアクティビティ、そしてオーガニックな食事などが楽しめる、ヘルスコンシャスなステイを各地からご紹介します。


パーソナルなボディリメイクで
身体を見直す


自分の意思でコントロールできる呼吸に着目した、「深呼吸養生」は、2泊3日で行う充実のプログラム。

 最近、深呼吸をしたのはいつのことだっただろう? 振り返っても、なかなか思い出せない人も多いかもしれない。

 でも、深呼吸は心身にとって、とても大切なこと。ゆっくりとした深い呼吸は副交感神経を刺激し、末梢まで血液を巡らせ、筋肉が弛緩して身体をリラックスさせるからだ。

 自律神経を確実にコントロールできるのは呼吸だけ、とも言われるほど。


「深呼吸なんて、誰でもできること」と思いきや、ストレスを抱えた現代人の呼吸は浅くなりがちなのだそう。

 それにもかかわらず、デスクワークにPC作業、スマホとにらめっこ……という毎日の生活で、私たちの身体には偏りや歪みが生まれ、知らず知らずのうちに呼吸が浅くなっているという。


都心の日本旅館で養生する。そんな特別な時間を楽しんで。

 大切なのに忘れてしまっている、そんな深呼吸に着眼したウェルネス企画が、「星のや東京」の「深呼吸養生」。

 呼吸を調えることで心身のバランスを取り戻し、美しく健康的に過ごすための習慣を体得する2泊3日のプログラムだ。


チェックイン後、セラピストによるプログラムの説明と、体調に関するコンサルテーションが行われる。自分の心身に向き合うことも、大事なこと。

 コンサルテーションを経て、さっそくボディリメイクがスタート。目的はその名のとおり、身体が持つ本来の機能を取り戻すこと。

 まずは呼吸と身体の状態を知るべく、専属コンディショニングコーチが身体をチェック。チェック内容は、姿勢や動作の癖、関節の可動域や柔軟性、筋肉のバランスなど、多岐にわたる。

 約2時間半のボディリメイクのうち、3分の1はこのチェックに費やすのだから、自分の身体を知ることがいかに大事なことかが、想像できる。


身体の癖や使い方を見直すことで、より深く呼吸ができるようになる。

 これをもとに、医科学的な根拠から体の構造を分析。私の結果は、胸椎が動きにくくなり、そのせいで呼吸が浅くなっているとのこと。

「ああ、やっぱり」と愕然としながらも、自分自身の骨に何が起こっているのかを知るのは、なかなか興味深い。

 本題はこれから。診断後、すぐにパーソナルなメニューが組まれ、深呼吸で体幹を調えるトレーニングが行われる。

 一時的なものではなく、帰宅後も実践できるような内容にプログラミングされているから、がぜん、やる気が起こる。



before(左)とafter(右)。メンテナンスともいえるトレーニングをした後は、前に傾いていた首がまっすぐに。

 パーソナルメニューに基づいた指導を受けた後は、激しい運動をしたわけでもないのに身体の感覚が変わっていることに驚嘆!

 鏡を見れば、まっすぐ立ったときの腕の位置、首の位置も違う。なにより、深く呼吸ができるようになって、1日目からなかなかの成果だ。


1日目の締めくくりは、身体を温めながら、リラックスに導くボディ&フェイストリートメントを。ボディリメイクの効果をセラピストに気づいてもらい、思わず嬉しくなる。

自分だけの香りを作り
心身を調える


自分自身と向き合い、自分だけの香りを作る。

 ボディリメイクの後はインルームダイニングでタンパク質重視のディナーを食べ、就寝前にスパトリートメント(後述)を受けて一日が終わる。

 翌朝はスッキリ、気持ちのいい目覚め。


2日目の朝は、この後に行う「香りのブレンド体験」に備えて、香り控えめの朝食を。 パセリやリンゴ、レモンなどをミックスしたスムージーが爽やか。

 2日目は、朝の深呼吸ストレッチでスタート。

 前日のボディリメイクで呼吸法をしっかり学んで理解しているせいか、難しいことを考えずに、すんなりと“深呼吸モード”にスイッチできる。


身体を動かすことで、より深呼吸に集中できる。一種のマインドフルネスを実感!

 このとき意識したのは、おへそのやや下にある丹田。ここに意識を向けながら深い呼吸に合わせてストレッチをしてみる。

「こうすることで、身体のすみずみにまで酸素が行き渡ります。血行がよくなり身体が温まれば老廃物も流れていくし、腕や足もしなやかに動くようになる。女性にとって丹田を鍛えることは、いいことずくめなんですよ」と、深呼吸ストレッチを監修したインストラクターの晴凪子さん。


高知のゆずに奈良のヒノキ。さまざまなエッセンシャルオイルを嗅ぎ分けて、自分好みの香りを見つける。

 ストレッチ中、空間に漂っていたのがいい香り。「星のや東京」オリジナルの、ゆずと生姜のアロマブレンドの香りだ。

 いい香りは深呼吸をするきっかけになる。まさに、次のメソッドは、香りに焦点を当てたもの。


自分が好きだと思いこんでいた香りと、実際に嗅いで選んだものが異なっていてびっくり。これも新たな発見。

 テーブルにずらりと並ぶのは、日本の植物から生成した和精油を含む12種類の天然エッセンシャルオイル。

 嗅覚を研ぎ澄ませ、これらひとつひとつを嗅ぎながら、自分が心地よいと感じる香りを3~5種、見つけてゆく。


選んだものをブレンドしたアロマオイルは、携帯用のアロマストーンとともに持ち帰ることができる。

 私が求めたのは「仕事、つまり原稿に集中できる香り」。

「これはちょっとエキゾチックかな」「夜、眠る前に嗅ぎたい香り」「温かな雰囲気で癒される」と、独り言を言いながら、雑念をなくすほどに集中。

 選んだものをブレンドしたアロマオイルはとても気に入り、デスクに置いて活用している。

五感で味わう料理と
時間で異なるスパトリートメント


「深呼吸養生」プランだけに用意されたランチ。30種類以上の野菜が使われている。

 心身のバランスを調えるのに欠かせないのが、リラクゼーション。「深呼吸養生」では、スパトリートメントと温泉、睡眠で緊張をときほぐし、呼吸しやすい心身へと導く。

 スパトリートメントは、初日のボディリメイクの後と、翌日の午後の計2回。時間帯にあわせてトリートメントメニューを変えているから、より効果的だ。


初日夜、就寝前のスパトリートメントに使うオイルはどれも柔らかな香り。イランイラン・ネロリ、ゆず・黒文字、ヒバ・ジンジャーの3種から好きなものを選んで。

 初日の夜に行われるのは、深い眠りを誘うもの。

 フットトリートメントで足裏から膝下の疲れをやわらげ、腕、デコルテと順にマッサージされると、ぽかぽかと身体が温まってゆくのが分かる。

 就寝前なので、タッチはごく優しく、ほどよく温められたベッドとお腹に乗せたホットストーンも心地よい。



桑の葉を使用した日本版ハーバルボールの「葉玉」を使ったトリートメント。柔らかな香りが、リラックス効果ももたらす。

 翌日の昼下がりには、季節の植物の葉を練りこんで蒸した葉玉(ようぎょく)を使ったトリートメントを。

 植物の香りといい、葉玉から伝わるじんわりとした温かさといい、セラピストの繊細なタッチといい、なんだか安心感があって、緊張がときほぐされる。


夜の森をイメージしたオリジナルアロマで上質な眠りへ。満月の光が障子越しに差し込むのと同じ明るさに、ベッドライトも調整して。

 スパトリートメントの効果を最大限のものにするのが、睡眠。

 ターンダウンサービス時に、ベッドまわりは眠りに適した室温、湿度と明るさに調整され、快眠環境が整えられる。

 オリジナルの抱き枕を抱きしめながら、夜の森をイメージしたアロマの香りに包まれれば、いつしか夢の世界へ。



左:特製のプレートに小皿が並べられた美しい彩りのランチ。
右:メニュー名を見ずに、まずは食べてみて、五感で感じるのも楽しい。

「深呼吸養生」は、食事もオリジナルプランが用意されている。2日目のランチは、季節の野菜を中心にした24の小皿と豆のスープ。

 いつもより心身のバランスが調った状態で、素材の味、香り、彩りや食感に意識を集中させながら味わう、ユニークな食体験だ。

 呼吸に意識を向け、スパトリートメントと温泉に癒され、香りで感覚を整え、季節の食材を味わった2泊3日。

 チェックアウトの前のアフターコンサルテーションでは、心身の変化を実感するはずだ。このとき、自分だけにカスタマイズされたトレーニングや入浴法の資料が渡される。

「深呼吸養生」は、けっして一時の癒しに終わるものではない。日常の気づきを与えてくれる。

星のや東京

所在地 東京都千代田区大手町1-9-1
電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
https://hoshinoya.com/


芹澤和美 (せりざわ かずみ)

アジアやオセアニア、中米を中心に、ネイティブの暮らしやカルチャー、ホテルなどを取材。ここ数年は、マカオからのレポートをラジオやテレビなどで発信中。漫画家の花津ハナヨ氏によるトラベルコミック『噂のマカオで女磨き!』(文藝春秋)では、花津氏とマカオを歩き、女性視点のマカオをコーディネイト。著書に『マカオ ノスタルジック紀行』(双葉社)。
オフィシャルサイト http://www.journalhouse.co.jp/

文=芹澤和美
撮影=鈴木七絵



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >