2019/07/10 18:00

【蟹座】7月後半の全体運は? 出会いを求めている人は小休止を

蟹座

7月15日(月・祝)~31日(水)の全体運


6月22日~7月22日生まれ

 7月後半の蟹座さんは、「今」に集中することが運気アップのポイントです。

 迷ったり不安に感じることがあったとしたら、それはまだ起こっていないことに対する憶測である可能性が高いので、あまり取り越し苦労はしないようにしましょう。

 ネガティブになりそうになったら、深呼吸をして、いま目の前にあることだけに集中すると良いでしょう。

 体を積極的に動かすこともオススメです。

 この時期は、未来について漠然と考えるより、今に集中することで視界が開けてきます。

 仕事でも、目の前にある仕事を淡々とこなしていくことで、ふと素晴らしいアイディアが降ってくることがあるでしょう。

7月後半の恋愛運
ラッキーデー&アクション


6月22日~7月22日生まれ

 出会いを求めている人は、この時期は小休止とした方が良いかもしれません。

 不発だと感じる出会いが続いた人は、今は自分自身とゆっくり向き合うことで、次に来るべき良い出会いに備えることができます。

 パートナーがいる人は、相手に癒してもらえる時期。

 とことん話を聞いてもらうことで、気持ちが安心できそうです。

 週末に2人でプチ旅行などもおすすめです。

 片思い中の人は、相手に対して少し意地を張ってしまっているかもしれません。

 傷つくことを恐れずに、素直な気持ちで相手に接してみると、心の距離が縮まるでしょう。

★ラッキーデー

7月19日(金)・26日(金)・30日(火)


★ラッキーアクション

「今」に集中!

蟹座・基本性質


6月22日~7月22日生まれ

 家庭的で愛情豊かな蟹座さん。

 学生時代に「一番最初に結婚しそうな人」と言われる人が多いのも、この星座の特徴です。

 抜群の生活安定感があり、守るべきものはどんなことがあっても守る、母なる星の人です。

 同時に細やかな気配りもでき、相手の要望にも一生懸命に応えようとする姿勢は、周りからとても信頼されています。

 恋愛でも、自分が何かをしてもらうことはあまり期待せず、相手の喜ぶ顔を見ることで幸せと感じる、完全なる尽くし型です。

 慌ただしくきっちりしたスケジュールのお出かけデートよりも、ふたりでゆっくりくつろぐことを好みます。

 母性本能が高めなので、安定したおつきあいや結婚を望む人からモテます。

 ただ、ダメンズさんからも頼られやすいので、心を鬼にしないと優しさが悪い方に作用してしまい、共依存関係になってしまいます。

 けっして自分から前に出ず、聞き上手な性格は、誰かをサポートしたり、人と接したりする仕事に向いています。

 そうした献身的サポートを惜しみなく続けていくことで、さらなる信頼を得られます。

 人の話を聞くことに長けていますが、自分の内面を見られるのは苦手。

 土足で人の心に踏み込んでくる人とは距離をおいてしまいますが、無理をせず、心地よいと感じられる人を中心につきあうようにしても良いですよ。


流光七奈(りゅうこう なな)

物心ついたころから、見えない世界とつながる能力があり、相談者に対して、潜在意識レベルの癒しと解決策を提供してきた経験を経て、占い師として活動中。個人鑑定のほか、パワーストーン鑑定なども。自身の体験をもとにしたコミックエッセイ『ダンナさまは幽霊』(イースト・プレス)シリーズも発売中。近著には『厄除け・開運・パワースポット ニッポンの神社 2019-2020』(主婦の友社)や『裏ホロスコープ占星術』(実業之日本社)がある。
流光七奈公式HP https://nana-healing.com/

文=流光七奈
イラスト=IC4DESIGN



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >