2019/09/14 08:00

風味豊かな京都のヴィーガンパン 小麦本来の香りがふ~んわり

パン種を継ぎ足し、継ぎ足して
使用するこだわり


「京都・桂産の小麦を使い始めて、ヴィーガン(卵、乳製品、蜂蜜など動物性のものを口にしない完全菜食主義)のパンを作るようになりました」というのは、「アペリラ」店主の髙橋さやかさん。


明るく元気いっぱいの髙橋さやかさん。

 髙橋さんは、卵やバターなどの乳製品を入れると、小麦本来の香りが生かせないことに気づいたと言います。有機のドライイチジクと桂産小麦の全粒粉でおこしたパン種をずっと継ぎ足し、継ぎ足して使用。

 熊本県産などの国産小麦粉ベースの生地に加えるのは、季節の果物や野菜からおこした自家製酵母、北海道産手絞り菜種油、種子島産粗糖など。

 しっかり焼き込んで、小麦はもちろん自家製酵母の風味もほのかに感じられるキレの良い食感のパンに仕上げています。

 お店があるのは、叡山電鉄・京阪電気鉄道の出町柳駅から北へ歩くこと、約7分の場所。京都バス御蔭橋停留所すぐにあるベーカリーカフェは、道路から奥まったところに入口があり、気をつけていないと通り過ぎてしまいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >