2019/09/18 21:00

外国人が賞賛する日本の伝統工芸美 山口規子写真集『柳行李』で出会う

「柳行李」をご存じですか?

 柳を編んで作った箱型の衣装ケースのことで、兵庫県豊岡市発祥のものと言われています。

 柳行李の起源は、西暦27年にまで遡り、日本に来て但馬地方(豊岡市周辺)を開いた新羅の国の王子天日槍命(あめのひぼこのみこと)によって伝えられたのだそう。

 豊岡市内を流れる円山川沿いには材料となる「コリヤナギ」が自生しており、人々は農業の閑散期にコリヤナギを採って、柳行李を編んでいたとされています。


 日本の自然と、昔の人の知恵と器用な指先から生まれた柳行李は、放っても壊れず、また湿気を吸収するため、着物を入れる箱として重宝されてきました。



 後に柳行李に取っ手が付いて、持ち運べる「行李カバン」となり、こちらが日本のカバンの原点であるとも言われています。


 その柳行李を30年以上作り続けている「たくみ工芸」の職人・寺内卓己氏と、カメラマン山口規子氏の出会いは2013年。

 山口氏は仕事で豊岡市を訪れた際、たまたまお店の前を通りかかり、象牙のような光沢を持つ柳行李と、それを一心不乱に編む寺内氏の姿に感銘を受け、撮りたいと思ったのだそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >