2019/04/08 21:30

キツく見えがちな目元をやわらかく!一重さん向けアイメイクのコツ

なお、「まぶたが重なって隠れてしまうから」といって太いアイラインを引く方も見られますが、それはおすすめできません。まばたきをしたときや伏し目がちになったとき、太いアイラインが見えると、不自然でキツい印象になってしまいます。

【商品詳細】
デジャヴュ『ラスティンファインa クリームペンシル』 / カーキブラッック・ナチュラルネイビー

 

漆黒よりもやわらかいカラーを選んで

アイライナーのカラーは、真っ黒ではなく、ブラウンやネイビーなどを選ぶのがおすすめ。コントラストが弱くなることで、キツさが軽減されるのです。

アイシャドウにブラウンを使っているときは、アイライナーも同じくブラウンを選ぶと一体感が出ます。寒色系のアイシャドウを使う際や、「優しい印象にしたいけれど、目のフレームはしっかり強調したい」という方は、ネイビーが好相性でしょう。

白目が澄んで見える効果もあるので、目が疲れているときにもおすすめですよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >