2019/09/03 22:00

その洗顔方法、間違ってない?プロが教える「勘違いNGスキンケア」7選

洗顔、クレンジング、化粧水などでの保湿……。実は、普段良かれと思ってやっていたスキンケアが、逆にくすみを招いている場合があるかもしれません。毎日かかさずするケアだからこそ、正しい方法で美肌を目指したいですよね。

そこで今回は、今すぐ見直したい“NGスキンケア”と正解スキンケアをご紹介します。

意外と知らない!? ついついやってしまうNG洗顔

NG1:ゴシゴシ洗顔

メイク汚れや毛穴汚れをキレイに落としたいと、ゴシゴシこすってしまっていませんか?  実はその行為、肌表面の必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌本来のうるおいが失われる可能性があるんです。

肌表面を傷づけないよう汚れを包み込むようにやさしく洗顔し、肌を擦る洗顔は避けましょう。

NG2:洗う順番が適当

いつも洗顔をするとき、どのあたりから洗っていますか? 適当に洗っていたり、全体的にササっと洗っていたりしたらNGケア。

おすすめは、皮脂詰まりが起こりやすい“小鼻周り”や“Tゾーン”などから洗顔すること。小鼻周り、Tゾーン、顎、頬という順番がおすすめです。

優しすぎるのは逆効果!? NGクレンジング

NG3:顔全体を同じクレンジング剤でまるごと洗い

ファンデーションにマスカラ、チーク、アイブロウにリップとパーツごとにメイクもさまざま。それなのに、顔全体を同じクレンジング剤でまるごと洗いしていませんか?

パーツによってコスメを使い分けるように、クレンジングもポイントリムーバーなど、落としにくいレベルに合わせて使い分けましょう。

NG4:洗顔タイムに時間をかけすぎている

出典: shutterstock

メイクは念入りにしっかり落としたいという方に多いのが、洗顔タイムが長すぎるパターンです。

顔のマッサージもしながらリラックス……というつもりでも、洗浄力の高いクレンジング剤を何分も顔にのせている状態は、肌にとって好ましくありません。時間が長引くほど、肌に必要な水分や油分を奪ってしまうことになるといわれているので気をつけましょう。

やりすぎは厳禁!洗顔後のスキンケア化粧水

NG5:強すぎるコットンパッティング

パッティングをしながら化粧品をつけることは、肌に刺激を与えてしまう可能性があるので控えたほうがよいでしょう。洗顔もそうですが、スキンケアも肌に負担を掛けないことが大切です。

コットンで化粧水をつけるという方も、擦らずにおさえるだけのコットンパックのようなイメージを心掛けてみてください。

NG6:やりすぎの極端なスキンケア

化粧水の重ねづけ、美容成分が豊富なアイテム、スペシャルケア……。あれもこれもと“極端にケアすぎてしまう”ことが、逆効果になってしまう場合も。

・数回程度以上、化粧水を重ね付けする

・美容成分が豊富なアイテムを一度にいくつも使用する

肌力の低下を加速させないために、普段は不足しているうるおいを補うことだけを意識したシンプルなスキンケア、そこに週に1~2度のスペシャルケアをプラスさせるくらいが理想ではないでしょうか。

NG7:長時間のシートマスク

すっかりスキンケアアイテムの常連になったシートマスク。お顔にのせて放置するだけのお手軽さで、お肌にうるおいを届けられる便利なアイテムです。

シートマスク自体はもちろんおすすめのケアですが、放置時間が長すぎるのはNGです。長い時間お顔にのせていた方が良さそうな印象がありますが、シートマスクのうるおいがなくなると、そのときにお肌のうるおいまでなくなり乾燥の原因になってしまいます。

製品ごとに適正時間は違うので、時間に指定がある場合はそれを守って使用しましょう。特に時間がかいていない場合は、夏は10分弱、冬は5分くらいが目安です。シートが乾いてくる前にはずして乳液やクリームをつけうるおいを逃さないようにしましょう。

 

自己流のままでなんとなくケアしている……そんな人は、気づかないうちに美肌から遠ざかっているかもしれません。正しいケアをして美肌を目指しましょう!

【画像】liza54500、Misha Beliy、Yuriy Maksymiv/ Shutterstock

 

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >