2019/10/06 22:00

これなら悪浮きしない!大人の「赤リップ」の選び方&塗り方

2.質感を選ぶ

次に大切なのは質感です。

赤リップはマットに仕上げるとモードっぽくなりトレンド感は出ますが、一方で少し老けて見えやすくなります。

トレンド感を出したいとき以外は、少しツヤの出るタイプやティントリップなどのオイル系がなじみやすく、試しやすいですよ。

赤リップに抵抗がある方は、ぜひライトなものから試してみてくださいね。

悪浮きしない塗り方

では使うものが決まったら、大切になのは塗り方です。

単に唇にのせるだけではなく、ベースからしっかりと仕込む必要があるので、ステップごとにお伝えしていきます。

STEP1.顔のくすみをしっかりと取る

まず前提として、赤リップをなじませるために、顔のくすみやクマをしっかりとカバーしていくことがおすすめです。

赤リップは透明感のある肌に一番なじむので、コントロールカラーでしっかりと全体のくすみをカバーし、目元のクマを隠す必要があります。

また、白浮きしない程度に少し明るめにベースメイクを仕上げたほうが赤リップが映えやすくなります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >