2017/12/13 22:00

大人の女性にはベージュカラーリップ。発色をキープする3つのポイント

透け感のある大人の女性らしさを演出してくれる、ヌーディーリップ。カジュアルなコーデにも大人フェミニンなコーデにも似合う、ハイセンスなベージュカラーのリップを使いこなせたなら、この冬の主役はあなたのもの。

今回は物足りないと感じそうなヌーディーカラーの代表、“ベージュカラーのリップの発色を維持するテクニック”を、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

唇も保湿をしてスキンケアを

出典:https://gatta-media.com

乾燥している唇は、発色はもちろんのこと縦ジワが目立ったりと、残念な仕上がりになってしまいがち。そこで、“保湿リップでしっかりうるおいをあたえてから、ルージュをオンする”のがおすすめ手順。スキンケアでしっかり保湿されていると、メイクのりが良くなることと同じで、保湿がしっかりできている唇は、あまり主張のないカラーのベージュリップでもヌーディーな仕上がりに磨きがかかり、美しい発色を感じさせてくれますよ。

 

鮮やかな発色のカギは「縦ぬり」

出典:https://gatta-media.com

CMなどで、モデルさんがルージュをつけるシーンのほとんどは、“横ぬり”ですよね。決して間違いではありませんし、ムラなくつけることができるのですが、発色のモチをキープするなら縦ぬりがマスト。縦ぬりにする理由は、唇に入っている縦じわを目立たなくするため。どんなにツヤやかでヌーディーカラーのリップをつけていても、縦じわがめだってしまうと、残念メイクまっしぐら。縦にぬることで隙間を埋めることに繋がるので、このテクニックはすぐに取り入れてみてください。

リップをそのまま唇にのせて縦ぬりするのが難しいという場合は、“リップブラシ”がおすすめ。細かいところまできれいに塗ることができ、不器用さんでも塗りムラのない仕上がりに。

 

ティッシュオフからの二度塗り

出典:https://gatta-media.com

色持ちを良くしたいなら、一度リップカラーをしたあとにティッシュオフをして余分な油分を取り除き、カラーのみを唇に密着させます。唇の上にティッシュをのせて軽くおさえる程度で十分。ティッシュオフをしたら、もう一度リップカラーをのせて仕上げていきます。発色の鮮やかさはもちろん、リップカラーの色持ちを維持することにも繋がりますよ。

 

冬になるとリップカラーは、どうしてもバーガンディなど赤系の鮮やかなものに注目されがちですが、ヌーディーなベージュカラーを上手に使いこなせる人こそ、ハイセンスな大人の女性といえるでしょう。どんなコーデにも万能なベージュリップを制して、ワンランク上のオシャレを楽しんでください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >