2017/12/14 22:00

肌荒れ、乾燥…絶不調な朝に!美容家おすすめ「レスキューアイテム」とは

冬になるとエアコンの影響で室内の空気が乾燥しがちなことや、気温と湿度が下がることで普段のスキンケアでは保湿が間に合わないことも。そんな時はいつもよりも重点的に保湿ケアすることが一番ですが、それでも乾燥し肌荒れが続いているという時は、いつもとは違うスペシャルアイテムを投入することで状況が改善することがあります。

今回はいざという時に取り入れたい“レスキューアイテム”をご紹介します。

 

“ふき取りタイプ”の化粧水をプラスする

出典:https://gatta-media.com

 

何となくスキンケアアイテムの効果が実感できない時は、お肌のターンオーバーがうまく行っていないことが考えられます。ターンオーバーのサイクルが乱れると古い角質が溜まってしまい、スキンケアアイテムの浸透が悪くなります。

そんな時はふき取りタイプの化粧水を使ってみるのがおすすめ。化粧水をコットンに取りお肌の上を滑らせれば、お肌の表面に溜まった古い角質を優しく取り除いてくれます。

“ふき取り”と聞くとスッキリさっぱりしたい人向けのように聞こえますが、最近販売されているものは古い角質を上手に取り除きながら保湿もできる優れたアイテムが多数。お肌の乾燥が止まらない、なんとなくゴワつく、というお悩みがある人はぜひ一度ふき取りタイプの化粧水をプラスしてみて。

 

化粧水の前に使う“ブースター”美容液で肌状態を整える

出典:https://gatta-media.com

 

ふき取りタイプの化粧水の他にもお肌の状態を土台から整えてくれるアイテムが“ブースター美容液”。導入美容液とも呼ばれ、その後の基礎化粧品の効果がグッとアップさせてくれます。

多くの商品が洗顔後のお肌に塗布するだけの簡単なもの。オイルベースのものやジェルのようなテクスチャーのものなどつけ心地も様々あるので、自分の好みに合ったタイプを選んで使いましょう。

 

意外に効果的!“ハンドプレス”でしっかりなじませる

出典: https://gatta-media.com

 

忙しい毎日を過ごしているとついスキンケアをパパっと済ませてしまいがちですが、それぞれのアイテムをしっかり肌に届くようにイメージしながら手間暇をかけてあげるだけでも効果が期待できます。実は手は最高のスキンケアツールなんです。

慌ただしいとスキンケアタイムをささっと済ませたくなりますが、できれば化粧水を顔全体に塗布した後に手のひらで顔全体を覆うようにして2分ほどしっかりとハンドプレスします。塗布した化粧水をお肌の中へ密着させるようなイメージです。その後乳液をつけた後もさらに2分間行い、さらに美容液やクリームをつけた後にまた2分間。優しくそっとハンドプレスをすることによって顔全体をじんわりと温めるとともに、手のひらを押し当てたまま浸透を促すことでより多くの水分を皮膚にしみこませることができると言われています。

 

3つとも簡単に取り入れることができるものばかりです。ゆったりとした時間と空間の中でスキンケアすると気持ちもリフレッシュされてさらに効果が期待できるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

【画像】

※  Irina Bg / shutterstock

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >