2017/12/28 21:50

基本をおさらい!肌悩み別「コントロールカラー」の選び方

「メイクのり悪いかも……」と思わせる、肌トラブル以外の原因は、“くすみやお肌の色ムラ”。くすみやすいタイプの方が、透明感ある仕上がりにしたい場合は、くすみをカバーして、トーンアップさせたりするアイテムが必要なのです。お肌のトーンで印象はガラリと変わるので、なりたい自分への近道に。

そこで今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、“コントロールカラーの選び方”をご紹介します。

 

顔に血色を与え、明るい印象にするには「ピンク」

色白さんにふんわりした印象をプラスさせたり、顔色が悪いときにほんのり血色感をあたえながら、ワントーン明るい印象を与えてくれるのが、“ピンク”のコントロールカラー。

昨日は夜遅くまで起きていてちょっと疲れ気味なときや、貧血気味なときでも、お顔全体を柔らかく女性らしい雰囲気にしてくれて、お疲れ肌を感じさせない仕上がりに。

 

赤みをおさえたいなら「グリーン」

赤ら顔など、少し赤みが目立つタイプの方におすすめなのが、“グリーン”のコントロールカラー。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >