2018/04/22 21:00

脱マンネリ!いつものブラウン「+ひとさじカラー」でつくる垢抜け目元

どんなシーンでも安心して使える、ブラウンのアイシャドウ。しかし、毎日同じアイメイクでは、代わり映えしなくて飽きてしまいますよね。とはいえ、カラーメイクにチャレンジするのは勇気がいるもの。特にビジネスシーンでは浮いてしまうリスクもあります。

そこで提案したいのが、“ブラウンを基調にしたカラーメイク”です。なじみのあるブラウンにほんのひとさじカラーを足して、アイメイクのマンネリを打破しましょう!

 

「カラーシャドウ」をベースに仕込む

ほんのり色を楽しみたいときにおすすめなのが、ベースにカラーシャドウを仕込む方法。やり方は簡単で、ブラウンアイシャドウを塗る前に、華やかカラーをアイホール全体に乗せるだけ。その後、いつもより薄めにブラウンを重ねていきます。

きれいに仕上げるポイントは、密着度が高くてヨレにくいカラーシャドウを選ぶこと。筆者のおすすめは、ダズショップの『スパークリングジェム』です。

出典: GATTA(ガッタ)/ダズショップ『スパークリングジェム』11

指にとったときはウェットな質感なのに、まぶたに広げるとピタッと密着して、表面がさらっとします。上に重ねるアイシャドウがダマになる心配もなく、誰でも簡単にチャレンジできますよ。

 

仕上げに「まぶた中央」へ色をのせる

もう少し色を主張させたいときは、いつものブラウンアイメイクを完成させてから、まぶたの中央に明度の高いカラーシャドウを乗せましょう。目のキワを避け、ブラシや指で丸く色を重ねます。

出典: GATTA(ガッタ)/左:コスメデコルテ AQ MW『アイグロウ ジェム』PK885、右:ダズショップ『アリュールド シングル アイシャドウ』SUNBATH 05

この方法だと、色の印象が強くなるだけでなく、まぶたが立体的に見えるうれしい効果も! 目力がぐっとアップします。シアーな発色のアイシャドウを選ぶと、ブラウンとのなじみが良く、ナチュラルに仕上がりますよ。

 

「柔らかいブラシ」でまぶた全体にチークをオン

今回ご紹介する中で最もトライしやすいのが、アイシャドウの仕上げにチークを重ねる方法です。

カラーメイクが敬遠される理由の一つが、「どの色を選んだらいいか分からない」というものでしょう。好みだけで色を選んだら、全体とマッチしなかったという経験をした方も少なくないはず。しかし、チークと色を合わせれば、顔全体をまとまり良く仕上げられます。

出典: GATTA(ガッタ)/アディクション『ザ ブラッシュ』023 Chelsea Rose(M)

いつものようにブラウンアイシャドウでメイクしたら、柔らかいアイシャドウブラシでチークをとり、まぶた全体に重ねていきます。これだけで、いつもとはニュアンスの違う目元を楽しめますよ。

なお、チークを濃いめに重ねたときは、リップは控えめなヌーディーカラーを選ぶのがおすすめ。主張が強すぎない、品のいい雰囲気になります。

 

カラーメイクと聞くと、派手すぎたり子どもっぽかったりする印象を抱く方は多いはず。しかし、今回ご紹介した方法なら、程よく色を感じさせる大人のカラーメイクになります。

春夏は、鮮やかな色が特によく映えるシーズン。ぜひ、いつものブラウンに色を足して、印象をアップデートしてくださいね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >