2018/05/03 22:00

優しすぎるのは逆効果!? 「透明感のある肌」を目指すクレンジングの基本

くすみが目立つ肌は、老けて見える、元気がないイメージとマイナスな印象を与えがち。実は、普段良かれと思ってやっていたスキンケアが、逆にくすみを促進させている場合もあるかもしれません。

老け見えの原因となるくすみを感じさせない若々しい肌をつくるために、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者と、スキンケアを見直してみませんか?

 

クレンジングは「しっかり」が基本

出典: Zynatis/Shutterstoc

お肌に必要なうるおいまで洗い流してしまうから……と、優しいクレンジングだけを意識していた方。

優しいクレンジング自体は間違いではありませんが、汚れは残さず落としておくべきものです。お肌に優しいことばかりを重視して汚れをきちんと落とせていなければ、毛穴詰まりやお肌のざらつきが進み、雑菌が繁殖してニキビなどの肌トラブルを引き起こすことも。夜のクレンジングはしっかり行いましょう。

洗顔のときは、パール大より少し大きめくらいの量の洗顔料を手にとり、しっかり泡立ててください。手のひらの上に泡を乗せ、そのまま下に向けても落ちないような、もちっとした泡がベスト。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >