2018/04/25 21:00

手持ちのアイテムで叶える!一瞬で「トレンド顔」をつくるメイクテク3つ

トレンドは常に移り変わっていくもの。メイクのトレンドも例外ではありません。

しかしトレンドが変わるたびにコスメを揃えなおすのも大変ですよね。そこで今回は、『GATTA』でこれまでご紹介した数々のテクニックの中から厳選した“手持ちのコスメ”で旬顔をつくる方法を3つご紹介します。

 

1:流行の「カラーシャドウ」はチークで叶える

大人可愛いをつくれる“ピンク”を使ったメイク。しかし、「憧れはあるけれど、アイメイクにピンクを使うと目が小さく見えたり、腫れぼったくみえそう……」という方も多いはず。

購入して後悔したくないからと、ピンクのアイシャドウを持っていないという方も少なくないのではないでしょうか。そんなときは、チークをピンクのアイシャドウの代用にしてみてはいかがでしょう。

ピンクを目元にのせる上手なコツは、アイホールの中でも外寄りの“目尻側”にオンすること。そうすれば腫れぼったくならず、残念メイクを回避できます。

オレンジ、グリーンやブルーなども同様で、アイホール全体に広げすぎない方が良いでしょう。目尻側に少しのせるくらいにすれば、カラーメイクが悪目立ちするのを防げますよ。

 

2:「あご先チーク」でナチュラル顔に

さらにチークの小ワザをもうひとつ。メイクをしていると、チークがなぜか悪目立ちしてしまうことってありませんか? 最近のトレンドは“ナチュラル”。そこで自然な感じにしようとすると物足りなく感じられ、かといって塗りすぎるとなんだかダサめに。

そこで、チークを“あご先”にものせてみましょう。まず、いつも通りチークを頬にのせます。その後、ブラシに残ったチークをあご先にふんわりのせるだけ。これだけでお顔全体に統一感が生まれ、チークの悪目立ちを防ぐことが可能に。

さらに大人特有の肌悩みのひとつ、メイク後の時間経過とともに気になるくすみも、このチークテクニックで血色感が出せるので改善が期待できます。

 

3:垢抜けメイクは「インサイドライン」が基本

最後はアイメイクの小ワザです。濃い目のしっかりメイクが流行していた時期もありますが、今はナチュラル系のメイクに仕上げる方が多い傾向にあります。そんな今風のメイクをするなら、ナチュラルな“垢抜け顔”を目指してみましょう。

“いかにもメイクしました”というメイクは、垢抜けとは真逆の印象。とはいえ、何もしないというわけにもいかないですよね。

自然に印象的な目元を演出するには、“インサイドライン”が重要なカギ。まぶたを少し上げて、まつげの隙間を埋めるようにすると簡単にキレイな仕上がりになります。普段使っているアイライナーでも、塗り方を工夫するだけで印象がガラリと変わります。

また“インサイドライン”にブラウンペンシルのアイライナーをセレクトすることで、ナチュラルでありながら、いかにも感が出ない垢抜けメイクが簡単に完成しますよ。

 

すぐにでも取り入れたいトレンドメイク。ちょっとしたコツで旬顔になれるならぜひ試してみたいですよね。

小ワザで“今っぽ顔”を手に入れましょう!

【参考】

※ 買い足し無しでOK!今ドキ垢抜け肌は「手持ちのチーク」でつくれる

※ 手持ちのコスメでOK!簡単に「垢抜け顔」になれるメイクテク3選

※ 手持ちのコスメでできる!脱マンネリな「春っぽメイク」3ステップ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >