2018/05/07 21:30

保湿・抗酸化作用がすごい!? 万能な「ホホバオイル」の活用法3選

最近よく耳にする『ホホバオイル』。気になるけれど、普段のお手入れにどう採り入れたらいいのかよくわからない、という方が多いのではないでしょうか。

今回は、美肌研究家でコスメコンシェルジュの筆者が、最近美容マニアを中心に浸透しつつあるホホバオイルについて、その活用方法も交えてわかりやすくご紹介します。

 

ホホバオイルとは

出典: vainillaychile/Shutterstock

ホホバオイルは、カリフォルニアなどの砂漠地帯に生息する植物『ホホバ』から圧搾される植物由来のオイルです。ホホバは砂漠のような暑くて水分不足な環境でも、生息し続ける生命力のある植物。ホホバオイルの主成分は『ワックスエステル』といわれるもので、肌になじみやすいのが特徴です。

この『ワックスエステル』は乾燥を防ぐ皮脂膜のような働きをするため、スキンケアのフタとしての役割を担うことができます。その特徴から、昔は食用としても使用されていたようですが、最近では髪や肌の保湿ケアとしての活用が主流になってきているようです。

 

ホホバオイルの活用法

(1) スキンケアアイテムとして

 

出典: Irina Bg/Shutterstock

抗酸化作用に加え、保湿効果も高いホホバオイル。乾燥による小じわや肌荒れを防ぐことが期待できます。スキンケアアイテムとして活用するなら、ホホバオイルを普段のお手入れにプラスするだけ。洗顔後、化粧水をたっぷりお肌にのせてから、手のひらに2~3滴のホホバオイルをなじませてハンドプレスをしましょう。これはスキンケアでフタの役割をするクリームの代用としての活用法です。

ホホバオイルは変質を起こしにくいので、元から含まれているコスメもあるほど。そこで仕上げのクリームや美容液に、2~3滴を混ぜて使用するのもおすすめです。オイルのみで仕上げずとも、こうして気軽にホホバオイルを採り入れられるので、オイルのみの仕上げはベタつくから抵抗がある、という方は試してみてください。

 

(2)ヘアケアとして

出典: Maryna Pleshkun/Shutterstock

カラーリングや、日々のスタイリングに使うヘアアイロンによる髪の傷みが気になる方も多いはず。そんな方は、ホホバオイルをヘアケアアイテムとして使用してみてはいかがでしょうか。お風呂上りに髪をドライヤーで乾かす前に、パサつく毛先に少しホホバオイルをつけるだけ。ここで注意したいのは、つけ過ぎてしまうこと。つけすぎると髪がベタベタしてしまうので気をつけてくださいね。

 

(3)日焼けのアフターケアとして

出典:FotoDuets/Shutterstock

これからますます強くなる紫外線。その高い抗酸化作用から、ホホバオイルは紫外線ダメージを受けた日焼け肌のアフターケアとしても使えるといわれています。ケア方法も簡単で、日焼けが気になる部分にホホバオイルを塗るだけ。早めのケアで日焼けによる肌トラブルを防いでくださいね。

 

どんなアイテムでも、効果効能をよく理解して適切な使い方をすることで、より効果を発揮させることができるはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【画像】

vainillaychile、Irina Bg、Maryna PleshkunFotoDuets / Shutterstock

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >

おすすめキャンペーン