2018/05/03 21:00

カギはアイテム選び!今っぽい「垢抜け顔」をつくる3種の神器

 

コンシーラー

ネガティブなものはしっかりカバー、それ以外はあえてのナチュラルさで抜け感を。こうしたマイナスメイクはベースメイクを垢抜けさせるテクニックのひとつ。リキッドとパウダーのダブル使いで、お顔全体の肌をなめらかにしたつもりでも、それはただの厚塗りメイクになってしまっている場合も。

トレンドに乗りつつ垢抜けさせるなら、あえてコンシーラーで仕上げるくらいでもOK。目元の下など色ムラが目立つ部分は、コンシーラーでカバーしてパウダーはあえてのせず、素肌のように仕上げるのが良いでしょう。

 

グロスいらずの濡れルージュ

たっぷりとグロスが塗られた唇は、一歩間違えるとまるで天ぷらを食べたかのようにテカテカした残念メイクになってしまうことも。とはいえグロッシーな唇は透明感をまとい、美人度をアップさせてくれるのも事実。

グロスのつけ加減を調節するのが難しいという方にとって、簡単に濡れツヤな唇を演出するにはアイテム選びがカギを握ります。そんなグロスをのせずとも、ツヤっぽく仕上がるルージュ。たったひと塗りで垢抜けするアイテムは、ひとつは持っておくべきかも。

 

アイライナーやルージュ、そしてコンシーラーは、メイクが大好きな方にはお馴染みのアイテム。とはいえ、ペンシルやリキッド、マットやツヤ系など、タイプはさまざまで、それぞれ得意なメイクがあります。メイクの最新トレンドを読み、それに合わせたアイテム選びをすれば、誰でも簡単に旬の垢抜けメイクにチャレンジできますよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >