2018/05/23 22:00

これって新常識!? 年齢や輪郭に関係なく使える「チークの入れ方」

チークの入れ方は顔の輪郭や、年齢別で分けられていることが多いですよね。

とはいえ、どのチークの入れ方が自分に合うのか分からない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は年齢や輪郭関係なく使える“大人可愛い”チークの入れ方について、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

大人のチークは上めが基本

年齢を重ねると、たるみを感じさせるメイクはなるべく避けたいところ。

大人女性がチークを入れるなら、頬骨のライン、もしくは少し上気味にのせるのがポイントです。

頬骨より下にのせてしまうと、重心が下がりたるんで見えてしまう原因につながりますよ。

老け見えメイクを回避するためには、大人のチークの基本は頬骨上、もしくは頬骨より少し上ということを忘れずに!

 

大人可愛げチークのポイント

すっきりフェイスに見せたいときは、チークを斜めに入れるというのは一般的に知られていますよね。

しかし輪郭だけでなく、印象もシャープになってしまいがち。大人可愛く仕上げるには甘さが欠けてしまいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >