2018/12/14 22:00

「なんとなく」描いてない?プロが教えるNG眉メイク&正解テク3つ

お顔の中でメイクの悩みが1番多いパーツを聞くと、多くの方が「眉」と答えるそう。「左右対象にならない……」「どこまで描いて良いのか分からない……」など、悩みは尽きないのではないでしょうか。眉は顔の額縁といわれているほど印象を左右するとても重要なパーツなので、ていねいに仕上げたいところです。

そこで今回は、メイクアップアーティストの小笠原彩さんに、眉メイクでやりがちなNG例と正解メイクを聞きました。いつものメイクと照らし合わせながら、チェックしてみましょう!

 

NG例1:眉頭から描く

やりがちなNG例の1つめは、眉頭から描き始めること。たかが描く手順と思いきや、意外と重要なポイントなのです。

眉頭はしっかりと描く物ではなく、馴染ませながらだんだん肌に馴染むように消していくもの。そうすることで自然な眉に見せることができるのです。

図のように描き始めてしまうと、とても力強い眉に見えてしまいます。最初に塗布した箇所が一番濃くしっかりと色が出てしまうので気をつけましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >