2018/12/24 22:00

実はNG!? 美肌を目指すなら逆効果かもしれない習慣&スキンケアの基本

美肌になりたい……そう願っている方は多いと思います。あらゆる化粧品やケア方法がありますが、美意識の高い人や美肌へのこだわりが強い人ほど陥りがちなNGケアも。

そこで今回は、実は逆効果になるNGスキンケアと正しいケア方法をご紹介。洗顔・クレンジングから化粧水やクリームでの保湿方法など“正しいケア方法”を参考に、美肌を手に入れて!

 

1クレンジングが不十分

“意外と見落としがち”の代表格であるクレンジング。美肌を目指すなら、クレンジングこそしっかりすべきなんです。

普段のメイクオフはお顔全体のクレンジングだけで済ませているという方、もしかしたらメイク汚れを落としきれていない可能性があります。ウォータープルーフのアイメイクや落ちにくいルージュなどを使用していたらなおのこと。

ポイントメイク専用のクレンジングを使って、アイメイクやルージュをオフするのが基本。そうすることでメイクがきれいサッパリ落ちて美肌への第一歩を踏み出すことができます。

 

2:やりすぎな角質ケア

肌の表面が古くなった角質で分厚く覆われてしまうと、美容成分がお肌に浸透しなくなりますし、肌トラブルの原因にもなってしまいます。そのため、古くなった角質は取り除いてあげる必要があります。

しかし、角質は外部刺激からお肌を守るために必要なものでもあるのでケアをやりすぎるのはNG! 角質を落としすぎることで、バリア機能が低下して紫外線ダメージなどの外部刺激を受けやすくなってしまうことも。そうなってしまうと肌トラブルにつながり本末転倒です。

美肌のために最適なケアは、古く不要となった角質のみを取り除くこと。毎日のクレンジングでも肌表面の角質は落ちるといわれています。それでも気になるというときだけ、ピーリングなどのスペシャルケアをしてあげると良いでしょう。

 

3:シャワーのお湯を直でかける

NGケアとしてだいぶ浸透してきましたが、まだまだやっている人の多いケア方法。クレンジング剤や洗顔剤を洗い流すときにシャワーのお湯を直接かけていないでしょうか。

シャワーの水圧は一見汚れがしっかり落ちそうですが、水圧の影響でお肌のたるみが進行したり、角質を剥がしすぎ乾燥を招いたり悪影響を及ぼします。また、髪や体を洗う温度設定のままだと温度が高すぎて乾燥や赤みを招く可能性も。32~35度くらいのぬるま湯設定で、手でお湯をすくって優しくすすぎましょう。

 

4:直でマスクシートマスクをのせる

意外と多いのが洗顔後、何もせずにシートマスクをお肌にのせているというパターン。まずは化粧水でお肌を整えてからシートマスクをのせるのが、美肌のプロの中ではもはや常識。スペシャルケアをする前にお肌の準備をしてあげることが重要なんです。また、シートマスクの目元や口元にある穴の部分は、化粧水をつけて保湿しないと部分的に乾燥してしまいます。

 

5:長時間のシートマスク

また、長時間お肌にのせ続けるのもNGです。製品ごとに適正時間は違うので、時間に指定がある場合はそれを守って使用しましょう。

特に時間が記載されていない場合は、夏は10分弱、冬は5分くらいが目安です。シートが乾いてくる前にはずして乳液やクリームをつけ、うるおいを逃さないようにしましょう。

 

6:パッティング

化粧水をつけるときに血行をよくしたいと思って、コットンでパッティングをしながらつけているという方は今すぐやめて。お肌はデリケートなので、なるべく刺激は与えないのがベストです。

おすすめの付け方は、少量の化粧水を手のひらにとり、両手になじませる方法。そのままお顔を覆うようにハンドプレスをして、お肌の奥へ浸透させるイメージで、何度も重ね付けをしていきましょう。手のひらの体温とハンドプレスで閉じ込めることで、お肌のうるおい感アップを目指すことができますよ。

 

7浸透タイムをつくる

化粧水をつけてお肌に浸透するまでそのまま何もせずキープ、そんなことをしていたらせっかく保湿をしたことが全てムダになるどころか、かえって乾燥を招いてしまう場合もあります。

化粧水の重ね付けでお肌にしっかり水分を与えたら、素早くクリームなどでフタをしてください。

また、普段はあらゆるアイテムをフル活用してスキンケアをしているけれど、少しでも時短したいというときは、化粧水+クリームのシンプルスキンケアにシフト。お肌に水分を与え、油分でフタをするというたった2ステップでOKです。

乾燥しがちだけど化粧水を何度も重ね塗りをするのが面倒というときは、化粧水のあとにシートマスクで保水をしてからクリームでフタをするというテクニックもおすすめ。

さらに、どうしても疲れているときなど少しでもスキンケアを時短したいときは、オールインワンのスキンケアアイテムを活用するのもアリです。

 

8:日焼け直後の美白ケア

日焼けのあとは、すぐに美白ケアをしたいですよね。けれど、日焼け直後のダメージを受けたお肌に美白ケアは刺激が強すぎることも。美白系アイテムには、健康なお肌には問題なく使えても、敏感になったお肌には刺激になる成分が含まれていることが多いのです。

日焼け直後は、敏感肌と同じように優しく保湿重視のケアを心がけると良いでしょう。赤みやヒリヒリ、日焼けのあとの乾燥が落ち着いてから美白ケアに切り替えるのがおすすめです。

 

9:ぬるま湯だけの朝洗顔

ぬるま湯だけでの朝洗顔。実はこれもNGケアのひとつ。極度の乾燥など肌状態によって一時的なケアとしては良い場合もありますが、1年中、ぬるま湯洗顔で済ませるのは良いケアとはいえません。

夜寝ている間も汗はかくもの。そのままにしておくと肌荒れを招いたり、皮脂は毛穴詰まりやニキビ、放置すれば酸化して黒ずみの原因になったりする可能性もあります。

朝起きたら洗顔料を使用し夜のうちの汚れを落としてからスキンケアでお手入れするのがベスト。洗顔料を使うと乾燥する、つっぱるなどの場合は、洗顔料がお肌に合ってない証拠。洗顔料を使うのをやめるのではなく、お肌にあった洗顔料を探しましょう。

 

10:美容だけを意識した食事

美白や美肌効果があるといわれている食材を食事に取り入れることは、美容にとってはとても大切なことです。しかし、そうしたものばかりを摂取するような栄養の偏った食事はNG。

ビタミンなどの美肌に効果的な栄養素はもちろん、わたしたちの体を構成しているタンパク質や腸内環境改善に役立つ食物繊維など、バランスよく栄養を摂取することが大切です。

 

いつも何気なくおこなっていたスキンケア。ちょっとしたことを意識することで大きな差がつくはずです。この機会にあなたの美肌習慣を見つめなおしてみてくださいね。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >