2017/10/15 17:30

秋のGジャン。モードもコンサバも1枚で叶う

中途半端な、秋の気候。

そんなときに、あると便利なアイテムのひとつがGジャン。

カジュアル一辺倒かと思いきや、そうでもない。

同じ「Gジャン」でも、選ぶデザインによって、印象がまったく異なります。

色は濃すぎず、薄すぎず。フォルムはタイトすぎず、ビッグすぎず。そんなザ・定番のGジャンなら、コンサバティヴに着られます。

Madewellさん(@madewell)がシェアした投稿 -

裾が切りっぱなしのコンパクトなフォルムは、スタイルよく着こなすのに有効。モードな雰囲気に仕上がります。

Leila Emine Lundstenさん(@leilaemine)がシェアした投稿 -

80'sの香り漂うオーバーサイズのフォルム。なかにニットを着て前締めのスタイリングは、どこか懐かしく親しみやすい印象に。

Fashion Inspirationさん(@fashionworshiper)がシェアした投稿 -

すっきりシルエットのGジャンなら、インナーにもなり得る。コートの下にレイヤードするスタイルもOKだから、コーディネートは無限に広がる。

STYLE DU MONDEさん(@styledumonde)がシェアした投稿 -

ダボっとしたシルエットは、ガーリーな着こなしに意外とマッチする。個性的に仕上げるなら、デニムオンデニムにトライしてみたい。

Fashion in Pillsさん(@fashioninpills)がシェアした投稿 -

ヴィンテージ感をかもし出す、ボア付きGジャン。ルックスだけでなく、その暖かさにも病みつきになります。冬までずっと愛用できそう。

Style Sight WorldWideさん(@stylesightworldwide)がシェアした投稿 -

とことん個性を出すのなら、大きくデザインがあしらわれたものを選びたい。他人とカブらないし、自分の"好き"に忠実だから、ずっとお気に入り。

STREET STYLEさん(@streetstyled)がシェアした投稿 -

コーディネートしやすく、レイヤードの可能性は無限。そして、垢抜け感もある。

便利すぎて、クローゼットにひとつは欲しいGジャン。

だからこそ妥協せず、自分にいちばんしっくりくるものを選びたくなります。

写真/Shutterstock

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン