2017/11/17 11:00

これぞ“機能美”!「教室の時計」ならではの時間を正確に確認できる工夫とは

これぞ“機能美”!「教室の時計」ならではの時間を正確に確認できる工夫とは

学校や工場など、広めの教室や作業場に必ずといっていいほど備え付けられているのが「大きな掛け時計」。時間を表示するだけで無駄な機能は一切ほとんどありませんでしたが、そのサイズと無個性ぶりが逆に存在感の高さを際立たせています。

セイコークロックが11月24日より発売を開始する掛け時計の名は、ズバリ「教室の時計」。針や目盛の形状、数字の書体を徹底的に追及。主に学校の教室や学習塾、オフィスや工場など、広いスペースでの使用に合わせた様々な工夫が凝らされています。

文字板を凹ませて「分針と目盛の高さを合わせる」ことにより、時計をどの場所から見ても正確な時刻を読み取りやすい構造に。また、数字の判読性を追求し、フォントメーカー・フォントワークスと共同開発したクロック専用のUDフォントを採用。誰にでも読みやすい書体となっています。万が一の落下でも割れにくく、透明度の高いアクリルカバーで、安全面への配慮も為されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >