2018/08/26 23:00

歴史とテクノロジーを融合したNEOダッド系Reebok誕生!

歴史とテクノロジーを融合したNEOダッド系Reebok誕生!

リーボックと言えば、90年代に一世を風靡したランニングシューズ「3D OPUS」の復刻版がこの8月に登場して話題に。さらにこの度、デザインも技術面もアップデートした新モデルが登場しました。注目のダッド系スニーカーで、最新テクノロジーも搭載しています。

▲CN3911 ブラック×チョークグリーン×フォギーグレー×ホワイト

今季人気のダッド系スニーカー。ダッド系スニーカーとはボリューミーで90年代風のスニーカーのことで、それってつまりリーボックの得意分野! この度登場した「3D OP. LITE LEGACY」(1万5120円)はダッド系でありながらテクノロジー面でも注目株で、“NEOダッド系”といえる注目アイテムです。

▲CN5242 スピリットホワイト×オーパスゴールド×ブラック

まず目を引くのはパーツごとにわかれたアウトソール。「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」を思わせ、ボリュームも存在感もたっぷりです。もちろんそれだけでなく、パーツには最先端のテクノロジーも採用。ソールには「3D ULTRALITE SOLE」を採用して、クッション性がありながらも軽く走りやすくなっています。

さらに注目したいのがカラーリング。ゴールドやグリーンを始め、複数の色がちりばめられています。ゴールドやグリーンは「3D OPUS」発売当時のオリジナルカラーなので、なつかしさを感じる人もいるかも!?

復刻版でありながら現代風にアップデートされたNEOダッド系。秋冬ファッションのキーアイテムになりそうです。

>>Reebok

 

(文/&GP編集部)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >