2018/10/20 17:00

セイコー アストロン、史上最高性能が誇る5つの進化とは?

セイコー アストロン、史上最高性能が誇る5つの進化とは?

いまを遡ることおよそ半世紀、セイコーが世界に先駆けて発売したクオーツウオッチ「クオーツ アストロン」。その伝統ある名を受け継いで2012年に誕生した世界初のGPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」が、この冬性能を大きくアップデート。

新開発のGPSモジュール搭載によって、いっそうの低消費電力化とダウンサイジングを実現した世界最小・最薄のGPSソーラーウオッチ「5Xシリーズ」として、まもなく堂々のデビューを果たします。

▲「5Xシリーズ デュアルタイム SBXC003」

ブランド史上最高性能を謳う「5Xシリーズ」、その進化のポイントは大きく5つ。
まず特筆すべきは、新設計のGPSモジュールと運針速度の向上による「高速タイムゾーン修正機能」。GPS受信に関わる全パーツを新たに開発したことで、衛星の捕捉スピードをアップ。

加えてこの秋より4機体制での運用を開始する準天頂衛星「みちびき」にも対応、より早くより高精度に現在地を確認できるようになっています。さらに、時・分・秒針それぞれのモーターを独立させることで時刻修正時の運針速度も劇的に向上、より高速なタイムゾーン修正を実現しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >