2018/11/02 19:00

シチズン時計の100年技術はハンパなくオーバースペック!【ニッポン発の傑作モノ】

シチズン時計の100年技術はハンパなくオーバースペック!【ニッポン発の傑作モノ】

日本が誇る精密機器メーカー、シチズン時計は、今年で創業100周年を迎えた。その長い歴史の中では、光発電技術をはじめとする革新的な技術を次々と開発。意欲的な姿勢が腕時計の進化を支えてきた。まずはシチズンの100年史を振り返り、そして数ある独自技術の中でもシチズンらしさが光る最新テクノロジーと100周年記念モデル第2弾を見ていこう。

■常に先見の明を持っていたシチズンの革新的ウォッチ

1924(大正13)年
シチズン懐中時計第1号

▲当時は輸入品の懐中時計が主流だったが、国産への強い思いから独自に設計。東京市長だった後藤新平によって「CITIZEN」と命名された

 

1975(昭和50)年
世界初年差±3秒以内の高精度クオーツ

▲独自のクオーツムーブメントによって、年差±3秒以内の高精度を実現。外装やバンドは18金無垢仕様で、発売時の価格は450万円だった

 

1976(昭和51)年
世界初のアナログ光発電式腕時計

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >