2018/11/05 20:00

35周年のG-SHOCKは、もはやニッポンの伝統芸能【ニッポン発の傑作モノ】

35周年のG-SHOCKは、もはやニッポンの伝統芸能【ニッポン発の傑作モノ】

誰もが知るタフネスウォッチの代名詞、カシオ「G-SHOCK」。電波受信による時刻補正やソーラー充電システムも搭載し、究極のメンテナンスフリー時計として世界中に愛用者がいる。落語家の柳家花緑さんもそのひとりで30年来のファンだ。数多くのコレクションを見せて頂きながら、今年35周年を迎えたG-SHOCKの魅力について語ってもらった。

「初めて出会えた本当に好きな時計がG-SHOCKでした」

 ▲落語家 柳家花緑さん 1987年に中学卒業後、祖父・五代目柳家小さんに入門。'89年に二ツ目、'94年には戦後最年少の22歳で真打に昇進し、柳家花緑へ改名。スピード感あふれる歯切れの良い語り口が人気で、古典から新作まで意欲的に取り組む。テレビや舞台でも活躍中だ

1990年代に起こった、G-SHOCKブーム。日本中が熱狂していた頃、花緑さんもこの時計と出合った。

「一番最初の記憶は、初期のイルカクジラモデルが渋谷で山積みされていた光景ですね。大ブームの直前くらいでした。でも半年後には、どこにも売ってない…。『あの時なぜ買わなかったんだ!』と後悔しましたね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >