2018/11/05 20:00

35周年のG-SHOCKは、もはやニッポンの伝統芸能【ニッポン発の傑作モノ】

35周年のG-SHOCKは、もはやニッポンの伝統芸能【ニッポン発の傑作モノ】

「落語は古典芸能という認識がありますが、実はまだ歴史が浅い芸能と言えます。人間国宝に選ばれたのは私の祖父が初めてで、歴史を語られるようになったのはこの何十年のこと。G-SHOCKも機械式時計からすれば歴史が浅く、時計の歴史に逆らうかのような“落としても壊れない” コンセプトから “大逆転劇”が生まれたわけで。『自分が今誰に向けて落語を発信すべきか』と考えることは、現代の時計づくりにも通じるのではないかと思っています」

真打に昇進した頃に出合ったG-SHOCKは落語と向き合う歴史を共に歩んだ相棒で、刺激を与えてくれる存在だとか。

「祖父が80歳の時に『芸人はずっと上り坂がいい』と言ってました。上りでなくなると、自分が落ちてきたことを実感するからです。常に今が最高ではないと思っていたいんです。G-SHOCKはそこで背中を押してくれる存在でもあります。35年経ってもまだ進化するのか、こんな機能が加わるのか、と感じることが、自分の芸にとっていい刺激になるんですよ」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >