2018/11/11 07:00

懐かしのローラー式腕時計が現代の技術を得て復刻

懐かしのローラー式腕時計が現代の技術を得て復刻

この懐かしのアナログデジタルウォッチを現代に復活させたのが、アナログデジタル機構を採用したクォーツ腕時計、FUTURE FUNKの FF101・FF102シリーズです。全5タイプのモデルは、現代の最新技術を搭載し、デザインも現代的にブラッシュアップされています。

▲「FF101-SV-LBK」

W44×H42×T15mmというサイズの「FF101」シリーズは、ステンレススチールケースがブラックの「FF101-BK-LBK」(1万1664円)、シルバーの 「FF101-SV-LBK」(1万584円)、イエローゴールドの「FF101-YG-LBK」(1万1664円)の3タイプ。

▲「FF102-SVBU-LBK」

W43×H43×T14.5mmの円形フェイスの「FF102シリーズ」は、ブラックの「FF102-BKYL-LBK」(1万1664円)とシルバーの「FF102-SVBU-LBK」(1万584円)の2タイプをラインナップしています。どれも、ミネラルガラス風防を採用し、3気圧防水となっています。

一定の年齢以上の人なら懐かしく、若い人ならきっと斬新に感じるこのモデルは、12月中旬に発売予定で現在公式オンラインストアにて予約受付中です。

>> FUTURE FUNK

 

(文/&GP編集部)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >