2018/12/21 17:00

イタリアの巨匠が手がける京都発信のメゾンブランド「L’ELISIR/caede京都」に注目

アルマーニなど、ラグジュアリーブランドのバッグデザインを数多く手がけるイタリアの巨匠ガブリエール・カンデローリ氏が訪れた京都で”イタリアンロッソ(赤)”に通じる紅葉の美しさに感銘を受け立ち上げたのが、京都発信のメゾンブランド「L’ELISIR/caede京都(エリシア・カエデ京都)」。

京都の格子を表現するために二千年前からの伝統工法、植物渋タンニンで鞣したヌメ革を用い、高度な技で皮を格子状にしたZIMA(ジーマ)シリーズからグランデサイズが登場した。

無二の存在感を放つデザインと圧倒的に贅沢な素材使い。そんなインパクト絶大な要素を備えながらも、あくまで品良くエレガントな印象を醸すのがジーマのバッグ。

■マエストロの技が生きるジーマシリーズ

人目に上品さが滲む、しっかりとした巻ハンドルの作りや、あえてテーパードさせたマチ幅一つにも、マエストロの経験と計算し尽くされた技が生きている。

開閉部分のフラップはそのままバッグの本体内部に吊り下がる仕様。ファスナーポケットを内部のオーガナイザーとしても使用が可能だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >