2019/07/12 22:00

ベアフットのはき心地とミッドフットの着地。ウォーキングブーツ「Catcher」

履けば旅をより一層快適にできるブーツが登場。

”Tabisuke Tabizo(タビスケタビゾウ)”は、ベアフット(裸足)の履き心地とミッドフットの歩行を両立させるのウォーキングブーツ「Catcher(キャッチャー)」を新発売した。

Catcherは長時間/長距離を歩行するバックパッカー(旅行者)に向けた完全受注生産のウォーキングブーツだ。

7月分の注文を7月31日(水)まで受付中。

■「Catcher」の特徴

・靴職人、五宝賢太郎氏(GRENSTOCK)との共同開発

一流メゾンのドレスシューズから最新のハイテクスニーカーのリペアや製造を手がけ、またドラマ「陸王」の美術アドバイザーを担当。

国内外で活躍する靴職人・五宝賢太郎氏(GRENSTOCK)をコラボレーターに迎え、長時間/長距離の歩行時にかかる足、膝、腰の負担の軽減をテーマにしたテクノロジーを開発。

・「3Dメッシュ」と「独自のパターン」

アッパーには3Dメッシュを採用。ソックスのようなフィッティングと、軽く、柔らかな履き心地を実現している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >