2017/06/12 21:00

虫の視点で時計をデザイン?セイコーウオッチの魅力を伝えるWEBサイトオープン

6月10日が“時の記念日”であることをご存知だろうか。

天智天皇がこの日に漏刻(水時計)で初めて時を知らせたという故事に基づき、1920年に制定された。

そんな時の尊さを思う6月10日に、セイコーウオッチ株式会社がWEBサイト「by Seiko watch design」を公開した。

「by Seiko watch design」は、デザイナー視点でセイコーウオッチのこだわりや魅力について発信するWEBサイト。

ユニークな切り口の3つのコンテンツで、つい読みたくなる内容になっている。

1つ目のコンテンツは「虫の視点で、時計をデザインする。」。

セイコーウオッチのデザインは100分の1ミリ単位で考えて設計されている。つまり“虫の視点”で細部までこだわっているということを、デザイナーの久保 進一郎(くぼ しんいちろう)氏が熱く語る。

また、久保氏が数年前にデザインを担当した、とあるグランドセイコー(SBGA211)は、ダイヤルで“雪の質感”表現したかったのだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >