2017/11/11 13:00

お洒落上級者さんにおすすめ!秋冬の個性派ニュアンスネイル特集

お洒落上級者さんにおすすめ!秋冬の個性派ニュアンスネイル特集

お洒落女子の間で話題のニュアンスネイル。過ごしやすくなってくる秋冬は、いろいろなファッションを楽しめる季節でもあります。今年の秋冬は、いつもと違うお洒落にチャレンジしてみませんか?ここでは、今シーズンぜひチャレンジしていただきたいニュアンスネイルのデザインを紹介します。

ニュアンスネイルってそもそもどういうもの?

HAPPINESS (大阪・西田辺)

HAPPINESS (大阪・西田辺)

via itnail.jp
ファッションやメイクにおいてよく使われる言葉、「ニュアンス」。これはフランスの言葉で、直訳すると「微妙な色合い」という意味になります。
では「微妙な色合い」とはどういう色のことをいうのか、という話になりますが、イメージとしては、優しい雰囲気で色同士の境目がぼんやりとしたデザイン、という感じでしょうか。

ビビッドカラーのようにはっきりとした色ではなく、ダスティカラーやグレー、ピンクやベージュといった定番カラーを使う場合もクリアを出して透明感を出す、というように優しい色味を使ったり、ぼかしアートをしたりするといいでしょう。

それでは早速、具体的なデザインについて見ていきましょう。
+S (北海道札幌市)

+S (北海道札幌市)

via itnail.jp

オフィスネイルにおすすめのニュアンスネイル

perruche (鹿児島)

perruche (鹿児島)

via itnail.jp
ただカラーリングするだけではなくそこに絶妙な色合いのアートをプラスするニュアンスネイルは、オフィスネイルとしてもぜひおすすめしたいデザインです。
例えば、ベースをクリアホワイトでカラーリングしておいて、何本かの爪にライトブラウンやダスティピンクをランダムに乗せてみる、というのはいかがでしょうか。
また、他の爪はあえて濃いめの色でカラーリングしておいて、好きな爪1本だけにニュアンスアートを施す、というのもいいですね。
perruche (鹿児島)

perruche (鹿児島)

via itnail.jp

塗りかけネイルやチークネイルもおすすめ!

+S (北海道札幌市)

+S (北海道札幌市)

via itnail.jp
ニュアンスネイルをつくるには、塗りかけネイルの技法やチークネイルの技法を使うのもおすすめです。
2~3色くらいをランダムに爪先に乗せて微妙な色合いにしたり、ダスティカラーを使ったチークネイルアートをしたり…。定番のアート技法を使っても、ニュアンスネイルをつくることができます。

メタルスタッズやストーン、ネイルシールといったアートパーツを使ったり、ポイントでラメをちらしたりしてみるのもいいですね。ちなみにこれらのアートをする時ですが、カラージェルと同量のクリアジェルを混ぜて透明感を出すと、色を重ねても濃くなりすぎず綺麗な仕上がりを楽しめます。

Itnail編集部

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >