2019/02/27 07:00

オフィスにもしていける。シンプルひかえめな千鳥格子ネイル

オフィスにもしていける。シンプルひかえめな千鳥格子ネイル

ネイルはもちろん、様々なアイテムのデザインに取り入れられている千鳥格子柄。この柄は、どのような色を使うのか、どのくらいの大きさの柄を描くのか、といったことによって仕上がりのイメージがかなり変わってきます。この記事では、オフィスシーンでも使いやすい、上品カラーでアートする千鳥格子ネイルデザインをご紹介します。

上品カラーで統一したシンプルな千鳥格子ネイル

マムズネイル (東京・小平)

マムズネイル (東京・小平)

via itnail.jp
使う色によって仕上がりの雰囲気を大きく変化させられる、千鳥格子ネイル。オフィスシーンやフォーマルシーンには、ベージュやピンクベージュといった上品カラーで統一した千鳥格子ネイルがおすすめです。

例えば、ベージュのワンカラーネイルを基本のデザインとしつつ、爪数本にホワイトで千鳥格子柄をアートするデザインはいかがでしょうか。千鳥格子柄ですが、爪全体にアートしてもいいですし、縦半分、横半分…というように、一部分だけにアートしてもいいでしょう。

ラメやパールが入ったカラーを使うと、華やかさがプラスされて素敵なデザインに仕上げられますよ♪
nail salon MINX

nail salon MINX

via itnail.jp

グレーカラーで上品&お洒落度高めな千鳥格子ネイルに

Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

via itnail.jp
千鳥格子ネイルは、グレーカラーを使ってアートするのもおすすめです。

例えば、ホワイト×ライトグレーの組み合わせで千鳥格子柄をアートするデザインはいかがでしょうか。グレーの色味を少し明るめにしたり、透明感の色味にしたりすると、ナチュラルで上品な仕上がりになるでしょう。

グレーやホワイトのワンカラーネイルと組み合わせるのも素敵ですし、ダスティピンクやベージュ、ナチュラルピンクと組み合わせたアートを楽しむのもおすすめですよ!
I nails (アイネイルズ)

I nails (アイネイルズ)

via itnail.jp

クリアホワイトでアートするピュアな千鳥格子ネイル

esNAIL

esNAIL

via itnail.jp
清楚で品の良いイメージがある、ホワイト。ただ、爪全体を透明感のないホワイトでベタ塗りすると、白さが悪目立ちして派手な印象を与えてしまうことがあります。

そこでおすすめしたいのが、透明感のあるクリアホワイトを使った千鳥格子ネイル。クリアベースもしくはスキンカラーベースにクリアホワイトの千鳥格子柄をアートすれば、とても上品なネイルに仕上げられます。クリアホワイトならば肌の色によくなじみますので、白さが悪目立ちすることもありません。

千鳥格子ネイルに組み合わせるデザインですが、ホワイトのグラデーションネイルやフレンチネイル、クリアホワイトのワンカラーネイルがおすすめです。

Itnail編集部


【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >