2017/06/01 21:00

【ママだからこそネイルして欲しい!】育児中のネイルをオススメする4つの理由

【ママだからこそネイルして欲しい!】育児中のネイルをオススメする4つの理由

「赤ちゃんのお世話があるからネイルをやめたんです。」というママの声をよく耳にします。ですが、その一方でネイルを楽しむママの数は年々増加していることをご存じでしょうか?それにはママ達ならではの『いろいろな理由』が隠れているようです。そこで今回は、ネイリストで育児奮闘中の筆者が「ママだからこそネイルをして欲しい」そのワケをお伝えしていきますね!

理由1: ネイルをすることで地爪よりも赤ちゃんの肌にやさしくなる

薄くて柔らかい赤ちゃんの肌は、ちょっとした刺激にも敏感です。
「私は短くカットして整えているから大丈夫!」と思われている方も多いかと思いますが、爪の先端は思った以上に鋭利です。
オムツ替えや抱っこをした時など「ふとした瞬間」に、赤ちゃんの肌を傷付けてしまった経験を持つママは少なくありません。

ここはジェルネイルやポリッシュ(=マニキュア)などを使って、爪の先端を保護しましょう。
育児中のネイルは、色々なメリットがあるんです。

育児中のネイルは、色々なメリットがあるんです。

via itnail.jp
ジェルネイルやポリッシュは、爪の先端部分もしっかりとコーティングするように塗っていきますよね?
そのため、爪の先端が丸みを帯びた形となります。
すると、地爪でいる時よりも「爪の当たり」が柔らかくなるんです。

この「爪の当たり」は、実際やってみると地爪の時とかなりの差を感じられるかと思います。
爪の先端が気になる方は、積極的にネイルにチャレンジしてみてくださいね!
もちろん正しく施術してこその話ですので、ネイリストにご相談されるのが手っ取り早いですよ。
ネイルは地爪のコーテイングに最適です!

ネイルは地爪のコーテイングに最適です!

地爪の先端は意外と鋭利。
ジェルネイルやポリッシュを使って、しっかりとコーティングしてあげましょう。
via itnail.jp

理由2: ネイルのカラーセラピー効果が期待できる

自然と視界に入る指先にこそ、あなたの求めるカラーを置い...

自然と視界に入る指先にこそ、あなたの求めるカラーを置いてみて。

via itnail.jp
鏡を見なければ確認できないメイクとは違って、なにかと視界に入ってくるのが指先です。
その指先に好きなカラーを乗せるだけでも、十分に心が癒される。そんな効果がネイルに期待できます。

毎日忙しく育児に家事に奮闘しているママは、体力的にも気持ち的にも疲れてしまいがちですよね。
疲れている時ほど「今、どんなカラーが気になる?」と自分の心に聞いてみてはいかがでしょうか。

その時々に気になるカラーは、今あなたが必要としているカラーであることが多いんです。
サプリメントを選ぶようにカラーを選んで、指先から元気をもらいましょう!

理由3: 酷使しているママの指先を守ることができる

出産直後には感じなかったけれど、じわじわと出てくる産後トラブルの一つに「爪のトラブル」があります。
「爪が欠けやすくなったかも...」「子どもを産んでから爪が薄くなった気がする!」といったママの声は、みなさんもよく耳にするのではないでしょうか。

睡眠不足や貧血、ホルモンバランスの崩れなど、身体の中の状態に起因するものはもちろんあります。
でも、何といっても「水や洗剤、消毒用のアルコール、殺菌作用のある薬品などに触れる機会が増えている」ということが、爪のトラブルの大きな原因であることは見逃せません。

こればかりは赤ちゃんのお世話をしているのですから、避けては通れませんよね。
その環境が、手肌の荒れや爪のダメージにもつながってしまっているわけです。

そこで、ネイルをするのがオススメなんです。
ダメージが強い地爪

ダメージが強い地爪

水や洗剤などを使う機会の多いママの手は、手荒れとともに爪のダメージが強く現れます。
via itnail.jp
「子育て中にネイルをするのは、なんとなく気が引ける...」

そんな方は、クリアジェルなどにして【外的ダメージからの防御】と【爪の補強】をメインにしたネイルを考えてみて欲しいところです。
ネイルは可愛くするだけのツールではありませんので、ぜひ試してみてくださいね!
爪の保護と補強をメインに

爪の保護と補強をメインに

可愛くすることだけがネイルの役割ではありません。
クリアコートだけでも十分に【外的ダメージからの防御】と【爪の補強】はできます。
via itnail.jp

理由4: ネイルサロンで気分転換できる

専業ママや育児休暇中のママの悩みの一つに「赤ちゃんや家族以外との会話がない」ということがあります。

まだ会話が成立する前の赤ちゃんとの生活は、意思疎通もままなりませんよね。
いくら可愛いとはいえ、少し寂しくなったりするときもあるものです。
そんな時にはパパや家族に頼って「ひとりの時間」を作って、ネイルサロンに出かけてみましょう。

ネイルサロンはネイリストとの距離も近く、お客様がネイリストとの会話も楽しめるスペースになっています。
また、ネイリストは爪だけでなく指や手肌の状態をきちんと確認してから施術に入っていますので、恥ずかしがらずに色々と爪や手肌の悩みを相談してみましょう。
きっと、カウンセリングや他愛のない会話を通じて「ママに合ったネイル」を提案してくれるはずです。
最近はママに配慮したネイルサロンが増えています。

最近はママに配慮したネイルサロンが増えています。

via itnail.jp
パパや家族に頼れないという方は、筆者のネイルサロンのようにベビーシッターさんがいたり、キッズスペースや託児室を設けているサロンを見つけてみてはどうでしょう?
このご時世、探せば意外とあるものなんですよ!

またサロンに出向くことが難しいママは、出張ネイルをしてくれるネイリストにお願いするという手もありますので上手に活用してみましょう!

おわりに

いかがでしたか?
プロのネイリストであり、ママの一人でもある筆者が「ママたちにネイルをおすすめする理由」がお分かりいただけたかと思います。

ネイルは毎日一生懸命なママの味方でもあります。
コラムを読むまでは「ママはネイルをしちゃいけないのでは...?」と思っていた方もいらっしゃったかと思います。
でも、ネイルをすることでママの日常生活をより良くすることができるんです!

ぜひ、みなさんもネイルにチャレンジして、指先からたくさんの元気をもらってくださいね!
一緒にがんばりましょう!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >