2017/05/19 17:00

何がNG?日常生活で気をつけたい「ネイルアートが長持ちしない原因」

何がNG?日常生活で気をつけたい「ネイルアートが長持ちしない原因」

ネイルサロンやセルフネイルできれいに仕上げられた、おしゃれなネイルアート。お気に入りのデザインなのに、いつの間にかはげていた・色が汚くあせていたなんて経験はありませんか? ネイルの施術の段階で気をつけることもたくさんありますが、仕上がった後のちょっとした行動も、ネイルをはげさせたり色を悪くすることがあります。今回は、お気に入りのネイルが長持ちしない原因となる、NGポイントや長持ちのコツについてご紹介します。

ネイルが長持ちしないNGポイント

 (538389)

viaitnail.jp

●温泉の成分

意外と知られていませんが、温泉に含まれる成分によっては、ジェルやマニキュアに影響が出ることがあります。
「旅行のために気合を入れたネイルが温泉に入ったとたん剥げた」なんてケースも。
温泉の成分には、特に注意しましょう。

●保湿をしてない

ネイルをした後に保湿をしないと、指先が乾燥してネイルの持ちがかなり悪くなります。
ネイルをした後でも、こまめな保湿ケアを心がけましょう。
ネイルオイルやネイル用美容液、ハンドクリームを使ったケアがおすすめです。
また、保湿をすることで甘皮が伸びるのを防ぐこともできます。
 (541958)

viaitnail.jp

●水仕事が多い

丈夫で長持ちしやすいジェルネイルも、水やお湯、洗剤などには弱いのが現状。
水仕事が多い人は、ネイルをしても長持ちしない傾向にあります。
といっても仕事や家事などで水仕事をしないのは難しいので、可能であればゴム手袋をした状態で、手が直接水やお湯に触れないように注意しましょう。

●洗剤に触れる

水やお湯以上に、洗剤に触れるのはネイルにとって危険です。
特にお風呂やキッチンなどで使う強い洗剤が、爪に触れないようにしましょう。
面倒でもゴム手袋やビニール手袋をしましょうね。

●爪を激しく使う

シールやガムテープを剥がす、缶詰のフタを爪先で開けるなど、爪先を激しく使うことで、ネイルが先端からはげることがあります。
先端からはげてきたネイルはどんどんはがれていき、不恰好に。
ネイルをしているときは、はさみやオープナーなどを使って爪を極力使わないようにしましょう。

ネイルを長持ちさせるには?

 (538403)

viaitnail.jp

●施術に注意する

マニキュアであればベースコートをしっかり塗る、ジェルであればサンディングに注意するなど、施術段階で注意すべきことはたくさんあります。
また施術前は手と爪を清潔にし、爪表面の油分や汚れはとりましょう。

●トップコートを塗る

ジェルネイルでも、2~3日に一回くらいはトップコートを塗ることで持ちがよくなり、ツヤも維持できます。
もちろんマニキュアの場合でも、こまめにトップコートを塗ることをおすすめします。

●手を濡らしたままにしない

手が塗れたまま放置していると、残った水分でネイルの状態が悪くなります。
しっかりと手の水分は拭き取りましょう。
ただしハンドドライヤーは乾燥の原因となりますので、できればタオルやハンカチで拭きましょう。
 (538507)

viaitnail.jp
ネイルが長持ちしない原因は、施術はもちろん日常生活にも隠れています。
ちょっとしたことも注意すれば、お気に入りのネイルがもっと長持ちしますよ。

Itnail編集部

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >