2017/06/19 13:00

【ネイルに優しいジェルの選び方】安全性を見極めるポイントとは?

【ネイルに優しいジェルの選び方】安全性を見極めるポイントとは?

最近はセルフジェルネイルをする方が多くなり、様々なメーカーからジェルが販売されていますよね。では、ジェルを購入するとき、その安全性について考えているでしょうか。ここでは、市販されているジェルの安全性を見極めるポイントについて、詳しくご紹介します。

市場に出回っているジェルは2種類ある

 (543743)

via itnail.jp
ここ数年でセルフジェルネイルをする人が急増したことで、様々なメーカーからジェル用品が販売されるようになりました。ネットショップなどを利用すれば、かなりリーズナブルな価格でジェルを購入することもできますよね。

そんなジェルですが、実は大きく2種類に分けることができます。化粧品登録をして薬事法上の「化粧品」として販売されているものと、「雑貨」として販売されているものです。
では、両者にはどのような違いがあり、セルフネイルをする場合はどちらの商品を選べばいいのでしょうか。
atelier tRico

atelier tRico

via itnail.jp

化粧品登録されているジェルを選ぼう

 (543746)

via itnail.jp
爪に塗るジェルは薬事法上の「化粧品」に該当し、化粧品を製造するためには「化粧品製造業許可」を、化粧品を市場に出荷するためには「化粧品販売許可」をとらなければなりません。そして、これらの許可を取得するためには、その製法や品質についてはもちろん、性状や貯法などにおいて、一定の基準を満たしている必要があります。

そのため許可を取得し「化粧品」として販売されているジェルは、一定の基準を満たした安全性の高い商品である、ということができます。対して「雑貨」として販売されているジェルはこれらの許可を取得していませんので、自爪に使うとトラブルが起こる可能性があります。
ネイルトラブルを避けるためにも、使用するジェルは化粧品登録されているものを選択するようにしましょう。
atelier tRico

atelier tRico

via itnail.jp

成分分析試験証明書付きのジェルなら安心

 (543761)

via itnail.jp
許可を取得して「化粧品」として販売されているジェルであっても、その中にどのような成分が配合されているのか気になる、という方は意外と多いようです。

そこでおすすめしたいのが、成分分析試験証明書のついたジェルです。これはジェルの中にどのような成分が含まれているのかについて分析・証明するもので、薬事法によって定められている「ネガティブ成分(化粧品への配合が禁止されている成分)」が含まれているかどうかについても知ることができます。

アレルギー体質の方や敏感肌の方はちょっとした刺激でもお肌が過敏に反応する可能性がありますので、安心してセルフネイルを楽しむためにも、成分分析試験済みのジェルの使用を検討してみてはいかがでしょうか。



Itnail編集部

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >