2017/07/08 21:00

極細ラインが美しい♡気になる「スキニーフレンチネイル」を徹底解剖

極細ラインが美しい♡気になる「スキニーフレンチネイル」を徹底解剖

一般的なフレンチとは違い、とても細いラインでアートするスキニーフレンチネイル。皆様は、もうチャレンジしてみましたか?ここでは、フレンチネイルとはどのようなデザインなのか、スキニーフレンチネイルのデザインにはどんなバリエーションがあるのか、詳しくご紹介します。

スキニーフレンチネイルってどういうものなの?

BRILLIANCE~ブリリアンス~

BRILLIANCE~ブリリアンス~

via itnail.jp
数年前からオトナ女子の間で高い人気を誇っている、スキニーフレンチネイル。「スキニー」にはもともと、「痩せこけた」という意味があり、ファッション業界ではスリムなラインをあらわす言葉として使われています。
体にフィットする細身の「スキニーパンツ」がわかりやすい例ですね。

通常のフレンチネイルではフレンチ部分の幅を最低でも5ミリ程度とりますが、スキニーフレンチネイルの場合、フレンチ部分の幅は1ミリくらいしかとりません。つまりスキニーフレンチネイルとは、細いラインを爪先に描いたデザインのことをいうのです。
GRACENAIL 鶴橋

GRACENAIL 鶴橋

via itnail.jp

夏におすすめ!カラフルスキニーフレンチネイル

atelier tRico

atelier tRico

via itnail.jp
スキニーフレンチネイルは、季節感を取り入れることでより洗練されたデザインに仕上がります。そこでまずおすすめしたいのが、爪先を明るく彩る「カラフルスキニーフレンチネイル」です。

ピンクやアビスカラー、イエローといったハッキリした色味で統一するのもいいですし、爪によって使う色を変えるのもいいでしょう。また、全ての色をスキニーフレンチデザインにするのではなく、爪全体をカラーリングしたデザインを組み合わせると、また違った雰囲気に仕上がります。
スキニーフレンチネイルは短時間で仕上げられますので、セルフネイルをする方もぜひ試してみてください。
simdysweel (北海道・函館)

simdysweel (北海道・函館)

via itnail.jp

ストーンやラメを使ってアートするのもすすめ

Lottie nail (代々木上原)

Lottie nail (代々木上原)

via itnail.jp
スキニーフレンチネイルは、カラーリングするだけでなくストーンやラメを使ってアートしても美しく仕上がります。例えば、爪先に丸ホロを乗せてみるというのはいかがでしょうか。ベース処理をして爪先に丸ホロを並べて埋め込む、というとてもシンプルなデザインですが、オフィスネイルとしても使いやすい美しいデザインに仕上がります。
丸ホロに限らず、ストーンやパール、グリッターを爪先に乗せるのもいいでしょう。

スキニーフレンチアートについては通常通りカラーリングをして仕上げ、フレンチラインにストーンや好きな形のメタルパーツをONする、なんていうのも素敵ですね!

Itnail編集部

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >