2017/08/31 07:00

【お呼ばれネイルの選び方】結婚式やパーティなど…マナーもケアして素敵な指先に

【お呼ばれネイルの選び方】結婚式やパーティなど…マナーもケアして素敵な指先に

普段は好きなカラーを使って、ネイルに使っている楽しいネイルライフ。その中でも、ネイルのカラーやデザインに悩む場面といえば結婚式に呼ばれたときや、パーティに参加するときなのではないでしょうか。このような場では普段はあまり着ないような服装や髪型などにこだわり、当然ネイルにも自然と気合が入りますね。今回は、結婚式やパーティに呼ばれたときの、「お呼ばれネイル」にふさわしいネイルデザインやカラーについてご紹介します。

パーティに参加するとき

Venir (東京・板橋)

Venir (東京・板橋)

viaitnail.jp

●衣装に合いやすいカラーで

シンプルなホワイト系や、ピンクやベージュなどのナチュラルカラーなどがおすすめです。
水色やパステルイエローといった淡いカラーでも大丈夫です。
衣装の色に合わせて選ぶのも、おすすめです。
Boo Che Nail (大阪)

Boo Che Nail (大阪)

viaitnail.jp

●他のゲストを考慮

パーティといってもさまざまな種類がありますので、上品なネイルをしたいという場合もあれば、派手にして目立ちたい・気分を盛り上げたいという場合もあるでしょう。
このような場合はパーティの内容や、他の参加者の性別や年齢層などを踏まえて選ぶのがおすすめです。
たとえばゲストに男性や年配の方が多い場合は、あまり派手すぎるネイルは避けたほうが無難。
上品で清楚なデザインでまとめましょう。

結婚式のゲスト

michi Nail

michi Nail

viaitnail.jp
友人や親戚などの結婚式に呼ばれる機会もあります。
普通のパーティなどと異なり、ネイルにゲスト側が守るべきマナーがあります。
おめでたい場で、派手なネイルをしたいと考える方もいるかもしれませんが、ゲストとして参加する場合はあまり派手なネイルは避けるようにしましょう。

●白系を避ける

結婚式において、白系のカラーは「花嫁の色」。
あらゆる服装に合わせやすく、普通のパーティなどでもよく選ばれているカラーなので、つい白いネイルを選んでしまいそうになりますがここはガマンです。
結婚式のゲストのときは、白系のネイルを避けるようにしましょう。
Roca Nail 福島市

Roca Nail 福島市

viaitnail.jp

●なじみのいいカラー

避けたいカラーである白以外ですと、ピンクやベージュといったなじみのいいナチュラルカラーがおすすめです。
衣装のカラーにも合わせやすく、シンプルにまとめることもできます。
結婚式がお祝いの場であることを考え、黒やブラウンと言った暗いカラーは避けましょう。

●衣装に合わせて

当日着る予定の衣装に合わせるのもいいでしょう。
ピンク系のドレスならピンクのネイル、といった感じです。
ネイルサロンでお願いする場合は、衣装のデザインが分かる資料を持っていくと、それに合わせたネイルをしやすくなります。
Roca Nail 福島市

Roca Nail 福島市

viaitnail.jp

●派手になりすぎない

お祝いの場である結婚式は、ついつい派手なネイルで参加して、気分を盛り上げたくなるかもしれません。
しかし結婚式の主役があくまで新郎新婦の方であることを考えると、花嫁よりも目だってしまうようなデザインやカラーは避けたいものです。
服装はもちろん、ネイルも目立ちすぎるカラーやデザインを避けましょう。
ビジューやストーンなどのパーツも、アクセント程度で控えめに使うことをおすすめします。

基本はデザイン・カラー共に、上品にまとめるほうがおすすめです。
その場の雰囲気にあったネイルを心がけましょう。

Itnail編集部

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >