2017/06/22 17:00

【巻爪の処置の仕方】フットネイルを楽しむために!

【巻爪の処置の仕方】フットネイルを楽しむために!

フットネイルの季節。もちろん楽しみたいけど、巻爪が痛くてそれどころではない…なんてもったいないですよね!そんな爪のトラブルはきちんと解消しておく事をおすすめします。巻爪がどのようなものなのか、自分でできる解消方法はあるのか。ご説明いたします!

そもそも巻爪になってしまう原因は?

 (543920)

via itnail.jp
靴を履いたり歩くと痛い巻爪。巻爪とは、読んで字のごとく、本来であれば肉に優しくフィットする形で生えているはずの爪が何らかの理由でどんどん内側に、肉を巻き込むように変形してしまう状態を意味します。

原因は「サイズの合っていない靴で爪を圧迫したり爪に負荷をかけたりしてしまった」場合もあれば、「運動不足」、「激しく足先に負荷のかかるスポーツ」、「爪の切り方」、「遺伝」などがあげられます。

ここでは、自分でもできる「爪の切り方」に焦点をあてて解消法をご紹介します。

足の爪、テキトーに切らないで!

 (543917)

via itnail.jp
手よりも目に入りづらい足の爪。ついつい手の爪ほど気を使わずに切っていませんか?そもそも、爪切りで爪を切ってしまうと、爪の間に空気が入ってしまう原因になるので避けましょう。爪を切るのであればやすりで長さを整えるのが1番です。

さらに、爪の形ですが爪先の両サイドの部分には注意が必要です。なぜかというと、爪の負担にならないように角を落として切ってしまいがちですが、その切り方だと爪先が丸まってゆくのを助けてしまう形なのでよくありません。

形であらわすのであれば綺麗な長方形、四角形を目指すように切ると巻爪になりにくくすることができるので、おすすめです。

お店で出来るケアと、自分で出来るケア

 (543914)

via itnail.jp
お店で出来るケアといえば巻爪矯正。専用の器具を使って巻き込んでしまった爪を元へ戻すよう優しく働きかけてくれます。かなり巻き込んでしまった爪にも効果的なので、どうしても痛みが治まらないようであればおすすめします。

また、自宅で出来る簡単なケア方法としてはコットンを使う方法です。コットンを毛羽立たせて細かくした綿を用意します。そして巻爪が食い込んでしまった部分に挟みます。すると爪が肉に刺さるのを緩和してくれるので痛みが和らぎます。そして、最後は肉に食い込まない長さになるまで爪を伸ばしてしまいましょう。

いずれにしても自分の思い込みだけでケアをしてもよくならないのが巻爪。きちんとケアすれば治るものなので適切な処置をしてあげましょう。

Itnail編集部

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン